メニュー 閉じる

おすすめ求人サイト一覧

Site List

求人サイトランキング

Ranking

お役立ち!軽作業求人コラム

Column

軽作業の求人・バイト探しに役立つお役立ちコラム一覧

2020年6月8日

バイトで稼ぐなら日雇いがおすすめ!気軽に働ける&高収入のお仕事特集

「稼げるバイトがしたい!」「空いた時間を有効活用できるようなバイトないかな」など、せっかくバイトするなら、収入をアップできるようなお仕事をしたいですよね!

しかし、中には長期的に継続して働くのは難しい…という方や、単発でサクッと稼ぎたい!という方がいるのも事実。そんな方でも効率よく稼げるのが「日雇い」なのです。

そこで、今回はバイトで稼ぎたい方に向けて、日雇いのお仕事を詳しくご紹介します。

日雇いとは

日雇いとは、1日限りで雇用契約を結ぶ働き方を指します。

一般的なバイトの場合は、数か月や数年継続して働くことを前提に雇用契約を結びますが、日雇いの場合は1日限りですので、気軽に予定のない日に働けるのが魅力です。

なお、「日雇い」は場合によっては「1ヶ月未満の雇用契約」を指す場合もありますので、働き始める前にバイト先に「雇用期間」を確認しておくことをおすすめします。

日雇いで稼げる仕事と仕事内容

日雇いで稼げるバイトの多くは「軽作業系」のお仕事です。

重労働ではありませんし、特別なスキルも不要な場合がほとんどですので、日雇いバイトを始めるために勉強や準備を進めておく必要はありません。

日雇いで稼げる具体的な仕事と、仕事内容について詳しく見ていきましょう!

治験

日雇いで稼げる仕事として、まず挙げられるのが「治験」です。

治験とは、医療機器や医薬品などの臨床試験のことです。法律上、医療機器や医薬品は臨床試験を得てからでないと製造を進めることができません。

しかし、臨床試験とはいえ特別な資格は必要ないですし、試験の最中に危険な事態に陥るケースはなく、体質や体調などをチェックしながら、安心して治験に望めます。

治験は1日あたり数万円以上に及ぶこともありますので、「日雇いで稼ぎたい!」という方にピッタリのバイトといえるでしょう!

警備員

警備員は、日雇いで稼げるバイトの一つです。

一口に警備員といっても、施設内や道路、駐車場など、働く場所は様々ですが、それぞれ収入に大差ありません。

警備員は、主に「指定された場所の見回りや点検」「交通整備」などの仕事内容です。

仕事内容は比較的シンプルで覚えやすく、資格も不要ですので、日雇いで働きやすい職種です。

ちなみに、警備員の給料は1日あたり1万円以上と高額な場合が多いので、「1日で稼ぎたい」という方におすすめできます。

アルバイト・求人情報サービスan提供「超バイト」

大手求人情報サービスが提供する「超バイト」は、日雇いかつ超稼げるお仕事です。

超バイトは、資格が不要であることはもちろんのこと、スキマ時間で自分の経験やスキルを活かした働き方ができるのが特徴で、日給で換算すると2万円以上に及ぶこともあります。

自分ができる仕事をチョイスして働けるので、初めてでも緊張することなくスムーズに働き始められるでしょう!

「日雇いでバイトしたいけれど、経験のない仕事は不安…」という方は、超バイトに掲載されている求人をチェックしてみてはいかがでしょうか。

日雇いバイトでたっぷり稼ごう

今回は、日雇いで稼げるバイトについてご紹介しました。

日雇いは、毎日忙しく過ごしている方や、空いた時間に働きたいと考えている方にとって、最適な働き方といえます。

現在「バイトで稼ぎたい!」と考えている方は、日雇いをうまく活用しながらどんどん稼いでくださいね。

もっと見る

2020年6月8日

バイトの種類について|フリーターにおすすめのバイト10選も公開

一口に「バイト」といっても様々な種類がありますし、収入や働き方も大きく異なります。

バイトを検討している身としては、「あまりキツくない仕事がいい」「なるべく稼げる仕事がいい」というのが本音なのではないでしょうか。

そこで、今回はバイトの種類や、フリーターにおすすめのバイトをご紹介します。自分に合ったバイトを選ぶためにも、本ページの内容をチェックしてみてくださいね!

バイトなら自由なシフトで簡単に稼げる!

バイトなら自由なシフトで簡単に稼ぐことができます。

近年はあらゆる業種が人手不足に陥っていることから、求人を見てみると条件の良いバイトが多いものです。例えば、「高収入」「シフトは自由に決められる」「充実した待遇」など、これまでのバイトでは考えられなかったような好条件が並んでいるのです!

自由に時間を使いつつ、簡単に稼ぎたい!と考えているのであれば、フリーターとしてバイトで稼ぐことをおすすめします。

バイトの種類とおススメの仕事

バイトには様々な種類がありますので、「どれを選んだら良いのか分からない」と悩んでしまう方も多いでしょう。

ここからは、主なバイトの種類と、おすすめの仕事について詳しくご紹介します。

アンケートモニター

アンケート会社による質問に答えて報酬をゲットします。一つの質問につき、数円~数十円と安価な場合が多いものの、たくさんの質問に回答していくことで1時間あたりの報酬はぐっと高額になります。

Uber Eats

飲食店の料理をお客さんのもとへデリバリーするお仕事です。本業の帰りや、空いた時間を活用して配達を行いますので、掛け持ちしたい方にもおすすめ。やればやるだけ収入になるので、ガッツリ稼ぎたい方でも満足できるでしょう。

食品モニター

自宅に宅配される食品を実際に食べて調査会社に感想を送ったり、お客さんとして飲食店に来店して、お店の雰囲気や料理についてチェックするバイトです。案件によって給料は異なりますが、時給換算で数百円~1,000円以上になることがほとんどです。

文字起こし

録音テープやファイルを受け取り、録音されている会話の内容を文字に起こすお仕事です。インタビューやセミナー、勉強会などのビジネスシーンの録音テープの文字起こしが多い傾向にあります。

試験監督

試験の際に、必要要旨(問題用紙や答案用紙)の配布・回収や、受験生の不正チェックを行います。入試や模試などで試験監督を募集していることが多いです。

治験

製造前の医療機器や医薬品の臨床試験を受けます。事前に健康状態をチェックしてから行いますので、治験とはいっても危険な事態に陥るリスクはありません。主に投薬と採血によるものが多く、通院・入院の2パターンの治験があります。

施設警備員

施設内を巡回して安全を守るお仕事です。営業時間中及び、閉店後の施設内を見回り、不審者や設備の不具合・不備などをチェックします。

リゾートバイト

レジャー施設でのバイトです。宿泊を伴うことが多いものの、冬シーズンはスキー場、夏シーズンは海やプールなどで働けます。バイト終了後はレジャー施設で遊べるので、楽しみながら働けるのが魅力です。

ネットカフェ

ネットカフェ利用者のために、接客や清掃、料理の提供などを行います。24時間営業のネットカフェが多いので、時間帯を気にせず働くことができ、Wワークにもおすすめです。

データ入力

企業が提供される情報をもとに、指定されたフォーマットにデータを入力していきます。数字や短文を入力することが多いものの、特別なスキルは不要です。エクセルやワードの基本的な使い方が分かれば、誰でもチャレンジできます。

バイトの種類を知って簡単&ラクに稼ごう

バイトの種類は豊富ですので、まずは「どんなお仕事があるのか」を理解したうえで、求人を探してみることがおすすめです!

自分に合った仕事なら、ストレスなく「簡単」かつ「ラク」にお金を稼げるでしょう。現在、フリーターとして働きたいと考えている方は、参考にしてみてくださいね。

もっと見る

2020年5月20日

バイトの面接でよく聞かれる質問・回答10選

バイトの面接では様々な質問をされますよね。緊張してしまうと「どう答えたら良いのか」と悩んでしまうものです。
そこで、本ページではバイトの面接でよく聞かれる質問と、ベストな回答についてご紹介します。印象アップ&採用チャンスアップのためにもチェックしましょう。

バイトの面接でありがちな質問&回答

さっそく、バイトの面接でよく聞かれる質問と、それぞれの回答についてご紹介していきます。
しっかりと答えるためにも、参考にしてみてください。

これまでの経験

これまでにどのような経験をしてきたかを質問されることが多いです。
特に「過去のバイト歴」「過去のバイトでやっていたこと」などは、採用側が気になるポイント。
これまでの経験はなるべく具体的に話し、採用側にしっかりとアピールしましょう。

応募の理由

「なぜこのバイトに応募したのか」は、ほぼ必ず聞かれる質問です。
当然ながら「なんとなく応募しました」「家から近かったので…」などの理由は良い印象を与えません。「この職業に興味があったから」「経験やスキルを活かせると思ったから」などと答えるのがベストです。

長所

応募者にはどのようないいところがあるのかは、バイトの面接でよく聞かれる質問です。
好まれやすいのは「コミュニケーション能力の高さ(人が好きなどもOK)」「真面目さ」などの回答ですので、上記を参考にしながら自分なりにアレンジしてみてください。

短所

自分の苦手なことや、性格面などの短所では、ネガティブする回答はNGです。「この短所なら差し支えない」と感じてもらえるような回答が好ましいでしょう。
例えば「他人を気遣いすぎて自分のことを後回しにしてしまう」「緊張しやすい」などであれば、深刻な短所と判断されにくいのでおすすめです。

どのように働きたいか

「どのように働きたいか」を質問されたら、「いろいろなことに挑戦したい」「なるべくお客様と関わりたい」など、意欲を感じるような回答が好ましいです。
特に、仕事内容が幅広いバイトの場合は、積極性を見せると高印象でしょう。

可能な出勤日

バイトの面接では「どれくらいシフトに入れるか」を聞かれます。
可能であれば週の半分以上は出勤できることをアピールしてください。週に1回などの回数では、「あまり戦力にならないな」と判断されてしまう場合がありますので注意しましょう。

前のバイトを辞めた理由

過去にバイトしたことがある場合、「なぜ前のバイトをやめたのか」を聞かれる可能性が高いです。
バイトを辞めた理由はなるべく正直に答える必要がありますが、悪印象を与えるような理由であればやんわりと触れる程度に説明しましょう。
例えば、単純に仕事がイヤになって辞めた場合、「仕事内容が自分に合わなかった」といった表現で回答することをおすすめします。

苦手なこと

「苦手なことは何ですか?」といった質問をされた場合は、応募するバイトの仕事内容に影響を及ぼさないような回答をしましょう。
例えば、接客業のバイトをする場合は「工場勤務のような単純作業が苦手」などのように、印象を悪くしないような工夫が大切です。

得意なこと

バイトの面接では、「得意なこと」を聞かれることがほとんどです。
上記の質問をされた場合は、応募したバイトの仕事内容に合わせた回答が良いでしょう。
仮に接客業を希望するのであれば「初対面の人とも仲良く話せます」「相手の気持ちを汲み取るのが得意」などがおすすめです。

所有している資格

バイトであればそこまで重視されるものではありませんが、「資格」について聞かれることがあります。
所有している資格があれば問題ありませんが、何の資格も持っていない場合は「今資格取得に向けて勉強中です」といった回答例があります。とはいえ、資格必須のバイトではない場合は、そこまで気にする必要はありません。

面接前に質問・回答を想定しておきましょう

今回はバイトの面接でよく聞かれる質問と回答例についてご紹介しました。
バイトの採用は、面接時の回答で大きく左右するといっても過言ではありません。
面接前にしっかりと準備し、定番の質問はスムーズに回答できるようにしましょう!

もっと見る

2020年5月20日

バイトの失敗しない選び方は?自分に合う応募先を選ぶポイント

バイトを始めたいと考えているものの「どのように選べば失敗しないのか分からない」と悩んでいる方はいらっしゃいませんか?
バイト選びで失敗してしまうと、いざ働き始めたときに後悔することとなってしまいます。そこで、今回はバイトの失敗しない選び方について詳しくご紹介します。

バイトの失敗しない選び方

さっそく、バイトの失敗しない選び方についてご紹介します。
「こんなはずでは…」と後悔しないためにも、以下からの内容を参考にしてみてください。

アクセス

バイトの失敗しない選び方の一つが「アクセス」です。
例えば、「家からどれくらいの距離なのか」「学校から直接通える距離か」など、ライフスタイルに合った距離感となっているかを確認しましょう。
あらかじめ「家(学校)から20分以内の距離が良い」など、条件を決めておくと求人を絞りやすくなります。

時給

バイトを選ぶにあたり「時給」は必ず確認しなければなりません。
「最低でもどれくらいの時給が良いのか」をイメージしておきましょう。また、研修中は時給が低くなる場合もありますので、求人を選ぶ際には研修期間中の時給も確認しておくと安心です。

仕事内容に対する興味

バイトを失敗なく選ぶためにも、仕事内容に対して自分が興味を持てるかをイメージすることが大切です。
仕事内容に興味が持てるようであれば、モチベーションが高まり、働く意欲も湧いてくるでしょう。
「働き始めてみたけど楽しくない…」と後悔しないためにも、仕事内容にしっかりと目を向けてください。

シフトの融通

シフトの融通が利くか、はバイトを選ぶにあたって重要なポイントです。
特に、学校に通っている場合や、プライベートが忙しい場合は、入れるシフトに限りがありますので、なるべく融通が利く職場を選んだ方が良いでしょう。

職場の雰囲気

バイトを選ぶにあたり、重要視しなければならないのが「職場の雰囲気」です。
特に「人間関係」はしっかりと確認したいところ。職場の雰囲気が悪い場合、先輩や上司から十分に仕事を教えてもらえなかったり、仕事に慣れていない段階のミスで嫌味を言われたりする可能性があります。
面接に行ったときや、お客さんとして一度職場の雰囲気を自分の目で確かめてみましょう。

仕事内容が自分に合っているか

「仕事内容が自分に合っているか」は、必ずチェックしておくべきポイントです。
例えば「仕事内容が自分にとってキツイものではないか」など、長続きするような仕事内容であるかを確認しなければなりません。
まずは、自分が苦手とすることをよく考え、求人に掲載されている仕事内容と照らし合わせてみましょう。

バイトを選ぶ際に迷った場合は?

「魅力的なバイトが多くて決められない!」という場合は、複数のバイトに応募して面接を受けてみたり、お客さんとして足を運んだりして「ここで働きたい!」と思えるようなバイト先を選びましょう。
働いている従業員を見たり、サービス内容をチェックしたりして、働きやすそうと感じたバイトを選びましょう。

バイトの選び方を知って自分らしく働こう!

今回はバイトの選び方についてご紹介しました。
「まぁいいか…」と妥協で選ぶと、働き始めてから後悔することとなってしまいます。自分が納得できるバイト先でしっかりと働くためにも、妥協で選ばず、自分に適したバイトを選びましょう。
まずは、本ページでご紹介した「バイトの失敗しない選び方」を参考にしながら、自分に合った求人を探してみてください。

もっと見る

2020年4月9日

バイトの面接前にチェック!アピールすべきポイントを解説

バイトの面接で何をアピールしたらいいのか分からない…。
そんな悩みを抱えている方はいませんか?ただでさえバイトの面接は緊張するのに、自分をアピールするなんてさらに難易度が高いと感じてしまいますよね!
特に、資格や特技がない場合は、アピールポイントがなくて困る…と悩むのは当然のことです。
そこで、今回はバイトの面接を受けるにあたり、アピールすべきポイントについて、詳しくご紹介します!

バイトの面接で採用側が見ていること

そもそも、バイトの面接では、採用側は応募者の何を見ているのでしょうか?
まずは、バイトの面接で採用側が見ているポイントについて把握しておきましょう!

熱意、やる気

バイトの面接で採用側が見ているのは、「熱意」「やる気」などです!
バイトとはいえ、金銭が関わっている以上は立派な仕事。やる気や熱意をもって取り組んでくれるのか…といった点は採用側が最も気になる部分です。
そのため、当然ながら「とりあえず応募してみた」「求人誌で見かけたから」といった、熱意ややる気が曖昧に感じる発言は、不採用となってしまう可能性が高いといえます。

誠実さ、真面目さ

バイトの面接では、「誠実さ」「真面目さ」などを採用側はチェックしています。
仕事をするうえで、誠実であることや、真面目であることは大切なポイント!「きちんと仕事を覚えようとしてくれるのか」を見極めるポイントでもあることから、採用側は誠実さや真面目さをしっかりチェックします。

これまでの経験

バイトの面接では、採用側は「これまでの経験」をチェックします。
例えば、これまでの経験が仕事に役立つことがあれば、採用側は積極的に採用したいと考えるでしょう。とはいえ、経験については「必須」ではありません。
あくまでも「参考程度」としてチェックしている採用者がほとんどですので、「経験が少ない」「応募したバイトと関係のない仕事しか経験がない」といった場合も、そこまで気にする必要はないでしょう。

バイトの面接でアピールすべきポイント

バイトの面接では、どのようなことをアピールすれば良いのでしょうか。
採用の可能性を高めるためにも、誰でもできるアピールについて、チェックしておきましょう!

過去のバイト・学校などでの経験

バイトの面接でアピールすべきポイントといえるのが、「過去の経験」です。
とはいえ、必ずしも過去のバイト経験だけではなく、学校で経験したこともアピールしても問題ありません!
例えば、「サークルでボランティア活動をしていたから、人と関わること(接客)が得意」「長年スポーツ系の部活をしていたから体力に自信がある」など、バイトだけではなく学校の経験も積極的にアピールすることで、好印象になります。

やる気がある、真面目な性格であること

バイトの面接で忘れてはならないのが「やる気」「真面目な性格」のアピールです。
「積極的に仕事を覚えたい」という姿勢を見せたり、「ここで働くことが楽しみ」といった意欲を見せたりすることは、採用側に良い印象を与えることとなります。
間違っても「働くことに不安がある」「求人誌に掲載されていたからとりあえず応募してみた」といったネガティブな発言はしないようにしてください!

バイトの面接では「自分」をしっかりアピールしましょう

バイトの面接では、「自分」をしっかりとアピールすることが大切です。特に、「前向きな性格」はしっかりとアピールしておくことで、採用側に「職場に欲しい」と感じてもらえます。
バイトの面接を控えている方や、今後バイトを始めようと検討している方は、ぜひ今回ご紹介した「アピールすべきポイント」を参考にしながら、面接に挑んでくださいね!

もっと見る

2020年4月9日

バイトの面接を攻略!長所と短所を聞かれたときのベストな答え方

「あなたの長所と短所は何ですか?」と聞かれたとき、あなたはすぐに答えられますか?
おそらく「NO」の方が多いのではないでしょうか。
しかし、バイトの面接では長所と短所の質問は定番中の定番です!あらかじめ答えを準備しておかないと、いざ本番で答えられない…といった事態に陥ってしまいます。自分の長所と短所についてどう答えれば良いのか分からない…といった方は、本ページを参考にしながらベストな答え方を学んでいきましょう!

バイトの面接で「長所と短所」を聞かれる理由

そもそもバイトの面接で「長所と短所」を聞かれるのはなぜなのでしょうか?
結論からいうと、「応募に来た人がどのような人間かを知るため」です!面接に来た人が一体どのような人なのかを知っておかないと、採用側は「この職場にふさわしい人間か」を見極めることができません。
そのため、応募者の長所と短所を把握して、どのような人間であるのかをある程度イメージするのです。

バイトの面接で長所を伝える方法

バイトの面接で長所を伝える場合、どのような答え方が好印象となるのでしょうか。
ここからは、バイトの面接で長所を伝える方法をご紹介します。

手先が器用

長所が特にない…という方は、「手先が器用」といった長所を伝えるのがおすすめです。
仮に手先の器用さを発揮するバイトではなかったとしても、長所の一つとして伝えやすいといえるでしょう。
とはいえ、「レジ打ち」「倉庫作業」など手先を使う業務はありますので、長所としてアピールしておくと、評価されやすくなります!

人と関わることが好き

バイトの面接で最も好印象となりやすいのが「人と関わることが好き」といった長所です。
特に、接客業やレジ仕事、従業員同士のコミュニケーションが多い職場では、「人と関わることが好き」という性格は重要といえます!
「コミュニケーション能力を備えている」というアピールにもなりますので、面接時の答えとしておすすめです。

真面目な性格

バイトの面接では「真面目な性格」であることをアピールするのも良いでしょう!
真面目な性格は「仕事を積極的に覚える」「しっかりと仕事に取り組む」など、ポジティブな印象を与えます。
採用の可能性をぐっと高めることにもつながりますので、ぜひ「真面目な性格」をアピールしておきましょう!

バイトの面接で短所を伝える方法

バイトの面接で短所を伝える際には、「悪印象」になりすぎないような返答が大切です。
具体的な答え方についてご紹介します!

飽きっぽい

バイトの面接で短所を聞かれたとき、悪印象になりすぎないのが「飽きっぽい」です。
真面目な性格である一方、「飽きっぽさ」のある性格を持つ方は少なくありません。飽きっぽくても仕事は真面目に取り組む、といった方向性で話せば、面接を切り抜けられるでしょう!

慎重すぎる性格

「慎重すぎてチャレンジできない」など、慎重すぎる性格を短所として答えることは、意外にも悪いことではありません。
採用側からしたら、「チャレンジする環境はこちらが用意すればよい」となりますし、「そもそもチャレンジが必要のない職場」であれば、慎重な性格であっても問題はありません。
バイトの面接で短所を聞かれたら「慎重すぎて…」といった答え方がベストでしょう。

バイトの面接では「自分がどのような人間か」を知ってもらいましょう

バイトの面接では、自分がどのような人間かを知ってもらうことが大切です。
特に、長所と短所は、自分の「人となり」をアピールする場ですので、事前に答えを準備しておき、印象が良くなるような答え方をできるようにしましょう!

もっと見る

2020年2月12日

派遣と出向の違いとは?それぞれの働き方について解説

派遣と似た働き方として「出向」が挙げられますが、具体的にそれぞれがどう違うのか分かりませんよね!
派遣も出向も正規社員ではないので、それぞれのボーダーラインが分かりにくいものですが、実際は大きな違いがいくつかあります。
それぞれ、どのような違いがあるのか本ページでチェックしておきましょう!

派遣と出向の違い

さっそく、派遣と出向の違いについて解説します。
あなたに合った働き方を見つけるためにも、参考にしてみてくださいね。

契約の内容

派遣と出向の違いとして、まず挙げられるのが「契約内容」です。
そもそも、派遣と出向では「契約先」が大きく異なります。例えば、派遣の場合は契約先が派遣元企業となるのに対し、出向は出向元もしくは出向先と契約します。
出向は働き方によって契約先が異なりますので、「どこと契約するのか」をしっかりと把握しておかなければなりません。

就業期間

派遣と出向では「就業期間」に大きな違いがあります。
例えば、派遣の場合は即日短期といった極端に短い就業期間となることがありますよね!仮に、短期間の就業ではなくても数か月程度で契約終了となるケースが多いです。

一方、出向は基本的に「長期就業」を前提として契約することがほとんどです。そのため、一度契約を結んでしまうと、何らかの事情によって契約を終了したくても、「申し出にくい」といったデメリットがあります。
「自由な働き方」という意味では、派遣のほうが自由度は高いといえるでしょう。

派遣と出向はどちらがおすすめ?

派遣と出向はどちらがおすすめなのか…気になりませんか?
ここからは、どのようなケースでどちらがおすすめなのかをご紹介します。

一社で長く働き続けたいなら

一社で長く働き続けたい場合、派遣でも出向でも問題はありません。
派遣には「1日のみ」といった短期ワーク求人も多数存在しますが、必ずしもすべての求人が「短期のみ」というわけではありません。
派遣であっても長期で安定して働ける求人がありますので、派遣でも出向でも1年単位で長く務めることができます。

自由な働き方を求めるなら

「自由な働き方を目指したい」「自分らしく働きたい」など、自由度を求めるのであれば、派遣がおすすめです。
派遣は求人が多く、自分の希望する働き方ができる仕事を見つけやすいといえます。例えば「出勤が遅め」「髪色自由」「週1日~OK」など、自分の希望する条件を受け入れてくれる求人に出会えることでしょう。
他の求人やバイトでは断られた…といった経験があっても、派遣であれば理想通りの求人を見つけることができるかもしれません。

待遇を重視するなら

「福利厚生充実」「正社員同様の待遇を受けられる」など、待遇面を重視するのであれば派遣をおすすめします。
近年、派遣は「働き手」を積極的に募集している傾向にあり、人手を確保するために魅力的な条件を提示している求人が増えてきているのです。
社会保険の加入やボーナスの有無はもちろんのこと、最も需要な「給与面」も申し分ないことが少なくありません。
待遇を重視するのであれば、派遣としての働き方を検討してみてはいかがでしょうか。

派遣と出向の違いを正しく理解しましょう

今回は、派遣と出向の違いについて詳しくご紹介しました。
いずれも「非正規雇用」という意味では同じものですが、実際に細かい条件などを見ていくと、明確な違いがあります。
まず、自分はどちらの働き方が適しているかを検討したうえで、希望する仕事を探してみてください。

もっと見る

2020年2月12日

派遣から正社員は難しいってホント?登用のための方法

派遣を検討している方の中には「正社員登用」を期待している方もいるのでは?
安定して働きたい方にとって、派遣からの正社員登用は大チャンスといえます。しかし、実際は「派遣から正社員は難しい」といわれることも少なくありません。それは、本当なのでしょうか?
今回は、派遣から正社員登用について詳しくご紹介します。

派遣から正社員登用が難しいのはホント!

結論からいうと、派遣から正社員登用が難しいというのは本当です。では、なぜ派遣から正社員になるのは難しいのでしょうか。
まずは、理由についてチェックしてみましょう!

そもそも派遣先が「正社員登用」を行っていない

派遣から正社員登用が難しい理由として、まず挙げられるのが「派遣先企業が正社員登用を行っていない」というものです。
派遣先の中には、正社員登用制度を取り入れているケースもありますが、必ずしもすべての企業が導入しているわけではありません。
「あくまでも派遣社員として人手をカバーする」といったスタンスの企業に派遣された場合、その派遣先で正社員になるのは難しいといえるでしょう。

企業への「貢献度」がネックとなることも

派遣から正社員登用が難しい理由は「企業への貢献度」が挙げられます。
企業としては、「正社員として人材を確保するなら優秀な人材が良い」と考えるものです。企業の期待に応えられるような「成績」をあげて、他の従業員との円滑なコミュニケーションが図れるような人材が「正社員にしたい」と思われるといえます。

もし「派遣されたからとりあえず働いている」といった、向上心の低い働き方をしていた場合、派遣先企業から正社員登用のオファーは来ないといっても過言ではありません。

派遣から正社員登用のためのポイント

派遣から正社員登用は難しいのが現状ですが、「絶対に正社員になれない」というわけではありません。
正社員登用のためのポイントを把握しておくことで、正社員になるチャンスをぐっと高めることができます!
ここからは、派遣から正社員登用のためのポイントについてご紹介します。

「紹介予定派遣」の求人に応募する

派遣から正社員登用を目指すのであれば、「紹介予定派遣」の求人に応募して、実際に働くことが大切です。
紹介予定派遣とは、「一定の期間派遣先企業で働いたら正社員になれるチャンスが高い」のが特徴です。極端にいえば「いずれは正社員になること」を前提に応募を募る派遣求人のことで、正社員になれる可能性が高いといえます。

派遣から正社員を目指すのであれば、紹介予定派遣の求人への応募をおすすめします。

派遣先企業で真面目に働く

派遣から正社員になりたいのであれば、派遣先企業で真面目に働くことが重要といえます。
社会人としてマナーを守るのはもちろんのこと、積極的に発言や意見を出したり、従業員と関わり合いながら企業の歯車の一部として活躍しましょう。

真面目な仕事ぶりは、必ず派遣先企業で評価されるものです。担当者や上司が「正社員として」働いてほしいと思えば、オファーが来るかもしれません。
真面目に仕事をこなし、積極的に自分の意見を出して、正社員を目指しましょう。

派遣から正社員登用は可能!

今回ご紹介した通り、派遣から正社員登用は決して簡単なものではありません。しかし、かといって「不可能」というわけではなく、応募求人の内容や自身の頑張り次第で正社員へのチャンスを掴むことができます。
現在、派遣から正社員を目指したいと考えている方は、このページを参考にしながら、ステップアップしていきましょう。

もっと見る

2020年1月23日

派遣の「専門26業務」とは?廃止による派遣社員の影響について

派遣の「専門26業務」についてご存じですか?
かつては、派遣業界では一般的に知られていたワードですが、現時点では「専門26業務」が廃止となり、とくに若い世代ではあまり知られていません。
そこで、今回は派遣における「専門26業務」について解説します。

専門26業務とは

「専門26業務」とは、専門性が高い仕事として区切られていた26の職業・業務を指します。
主に「IT系」「メディア系」「営業系」などの専門スキルが求められる26の職業・業務が「専門26業務」とされていました。
専門26業務に該当する職業・業務は、派遣先の希望があれば最長で5年もの延長が可能という特徴があり、一般事務や軽作業等の職業が3年契約であることを考えると長めといえます。

専門26業務が廃止になった理由

専門26業務は、2015年に行われた法改正によって廃止となりました。そのため、専門26業務の区別は現代では存在しません。
一体なぜ、専門26業務が廃止されたのでしょうか。ここからは、あまり知られていない「廃止の理由」についてご説明します。

派遣先主導の契約となるため

専門26業務が廃止になった理由は、「派遣先主導の契約となる」ということが挙げられます。
前項でも触れた通り、専門26業務に該当する職業・業務は、契約期間を最長5年延長することができます。とはいえ、必ずしも5年間働き続けられるとは限りません。
派遣先では「不要になったら契約を切れる」という便利な存在を手に入れることになるのです。上記の状況は派遣社員側にとっては非常に不利であり、不安定な雇用となります。
唐突な契約解除も十分に可能な環境にあったことが問題視され、専門26業務は廃止となりました。

一般派遣との明確な区別が難しい

「専門26業務」は、一般派遣との明確な区別が難しいという事実があります。
例えば、一般派遣とされる「一般事務」については、書類の手続き次第で専門26業務に振り分けられるのです。
手続き次第で、あらゆる仕事を「専門26業務」に該当させることができるため、派遣社員側は不利な立場となってしまう問題があります。
専門26業務の廃止は「派遣社員を守るため」でもあるのです。

専門26業務の廃止による派遣社員への影響

専門26業務が廃止された現代では、派遣社員にどのような影響があるのでしょうか。
具体的な影響について、詳しく解説します。

新たな雇用先を提供される

専門26業務が廃止されたことにより、新たな雇用先もしくは雇用機会が提供されるようになりました。
法改正前から専門26業務として就労していた派遣社員に対し、法改正を理由に唐突に契約解除を行うことは大きな問題です。そのため救済措置として「新たな雇用先」「新たな雇用機会」を提供されることとなります。

無期雇用に切り替えられる

専門26業務の廃止に伴い、「正社員」もしくは「契約社員」など無期雇用へと切り替えるといった措置もあります。
いずれにせよ、雇用面で安定した働き方を実現できますので、「突然の契約解除」「派遣切り」などの不安が解消されるでしょう。

現代の派遣社員の安定性は高い!

専門26業務が廃止された今、派遣社員はかつてよりも安定して働くことができるようになりました。
収入が安定するだけでなく、キャリア形成のハードルも下がり、現代の派遣業界はチャレンジしやすい環境になってきているといえます。
現在、安定した働き方を目指している方は、「派遣社員」としての働き方を検討してみてはいかがでしょうか。

もっと見る

2020年1月23日

派遣社員が時給を上げるには?交渉のポイントについて解説

「派遣社員の時給がもう少し高かったら…」「時給が上がればもっとやりたいことができるのに…」など、派遣社員として働くにあたり、時給に不満を抱えている方は多いものです。
もともと派遣社員は比較的時給が高い働き方ではありますが、「もう少し時給が高かったら助かる!」といった本音を抱えているのが正直なところではないでしょうか?
そんなあなたに、派遣社員が時給を上げるための「交渉のポイント」についてご紹介します。

派遣社員の時給は交渉次第でアップできる!?

派遣社員の時給は、派遣会社のサイトなどで公開されていますが、交渉次第で公開されている金額以上の時給を獲得することができます!
多くの方は「公開されている時給で働かなければならない」と考えていますが、状況によっては交渉することで数百円以上も時給をアップできるのです。
仮に時給が500円アップしたら、1日8時間勤務した場合、交渉前の収入と比較するとプラス4,000円もの収入になります。
交渉自体は誰でも可能ですので、試してみる価値はあるでしょう!

派遣社員の時給上げるための交渉ポイント

派遣社員としての時給を上げるためには、どのように交渉したら良いのでしょうか。
ここからは、派遣会社に対する交渉ポイントについて解説します。

交渉のタイミングを見極める

まずは、派遣会社に対する交渉のタイミングを見極めましょう。
時給アップの交渉のタイミングとして、最も適切なのが「契約更新時」です。派遣会社によって契約更新のタイミングは異なりますが、数か月単位で更新を行うのが一般的です。
契約更新時は、現在の働き方や収入などのヒアリングが行われることがあり、交渉しやすいといえます。
とくに契約から1年以上経過しているタイミングであれば、ある程度業務に慣れ、経験も積んだタイミングですので、交渉が成立しやすいでしょう!

「どれくらい時給を上げてほしいのか」を明確にする

派遣会社に時給アップを交渉する場合は、「どれくらい時給を上げてほしいのか」を明確にしたうえで交渉しましょう。
面と向かってお金の相談をするのは苦手…という方は多いですが、「時給を300円上げてほしい」など、しっかりと希望を伝えないと、相手との認識のズレが発生してしまいます。
また、しっかりと明確に希望を伝えることで、派遣会社側も検討しやすくなりますので、スムーズな交渉につながるでしょう。

資格取得を目指すことについて説明する

交渉時に資格取得を目指すことについて説明することで、時給アップを検討してもらいやすくなります。
資格取得をしてさらなるキャリアアップや、知識を深めることができれば、派遣会社側に「優良な人材」と判断してもらえるでしょう。
現時点で資格を持っていなくても、前向きな姿勢を見せることで好印象となります。具体的に「なんの資格を取得するのか」「どれくらいの期間で資格取得を実現するのか」なども伝えることができれば、さらに交渉が成立しやすくなりますよ!

派遣社員の時給に悩んだら「交渉」しよう!

今回は派遣社員の時給アップのための「交渉のポイント」について解説しました。
時給に不満があるものの、どのように交渉したら良いのか分からない…という方は少なくありません。
しかし、適切な交渉ポイントを把握しておくことで、誰でも時給アップを目指すことができます。
現在、派遣社員として働いている方や、今後派遣社員として働くことを検討している方は、交渉ポイントをしっかりと理解して、派遣会社に相談してみましょう!

もっと見る
軽作業求人サイトランキング

お役立ちコラムはこちら

バイトで稼ぐなら日雇いがおすすめ!気軽に働ける&高収入のお仕事特集

「稼げるバイトがしたい!」「空いた時間を有効活用できるようなバイトないかな」など、せっかくバイトするなら、収入をアップできるようなお仕事をしたいですよね!

しかし、中には長期的に継続して働くのは難しい…という方や、単発でサクッと稼ぎたい!という方がいるのも事実。そんな方でも効率よく稼げるのが「日雇い」なのです。

そこで、今回はバイトで稼ぎたい方に向けて、日雇いのお仕事を詳しくご紹介します。

日雇いとは

日雇いとは、1日限りで雇用契約を結ぶ働き方を指します。

一般的なバイトの場合は、数か月や数年継続して働くことを前提に雇用契約を結びますが、日雇いの場合は1日限りですので、気軽に予定のない日に働けるのが魅力です。

なお、「日雇い」は場合によっては「1ヶ月未満の雇用契約」を指す場合もありますので、働き始める前にバイト先に「雇用期間」を確認しておくことをおすすめします。

日雇いで稼げる仕事と仕事内容

日雇いで稼げるバイトの多くは「軽作業系」のお仕事です。

重労働ではありませんし、特別なスキルも不要な場合がほとんどですので、日雇いバイトを始めるために勉強や準備を進めておく必要はありません。

日雇いで稼げる具体的な仕事と、仕事内容について詳しく見ていきましょう!

治験

日雇いで稼げる仕事として、まず挙げられるのが「治験」です。

治験とは、医療機器や医薬品などの臨床試験のことです。法律上、医療機器や医薬品は臨床試験を得てからでないと製造を進めることができません。

しかし、臨床試験とはいえ特別な資格は必要ないですし、試験の最中に危険な事態に陥るケースはなく、体質や体調などをチェックしながら、安心して治験に望めます。

治験は1日あたり数万円以上に及ぶこともありますので、「日雇いで稼ぎたい!」という方にピッタリのバイトといえるでしょう!

警備員

警備員は、日雇いで稼げるバイトの一つです。

一口に警備員といっても、施設内や道路、駐車場など、働く場所は様々ですが、それぞれ収入に大差ありません。

警備員は、主に「指定された場所の見回りや点検」「交通整備」などの仕事内容です。

仕事内容は比較的シンプルで覚えやすく、資格も不要ですので、日雇いで働きやすい職種です。

ちなみに、警備員の給料は1日あたり1万円以上と高額な場合が多いので、「1日で稼ぎたい」という方におすすめできます。

アルバイト・求人情報サービスan提供「超バイト」

大手求人情報サービスが提供する「超バイト」は、日雇いかつ超稼げるお仕事です。

超バイトは、資格が不要であることはもちろんのこと、スキマ時間で自分の経験やスキルを活かした働き方ができるのが特徴で、日給で換算すると2万円以上に及ぶこともあります。

自分ができる仕事をチョイスして働けるので、初めてでも緊張することなくスムーズに働き始められるでしょう!

「日雇いでバイトしたいけれど、経験のない仕事は不安…」という方は、超バイトに掲載されている求人をチェックしてみてはいかがでしょうか。

日雇いバイトでたっぷり稼ごう

今回は、日雇いで稼げるバイトについてご紹介しました。

日雇いは、毎日忙しく過ごしている方や、空いた時間に働きたいと考えている方にとって、最適な働き方といえます。

現在「バイトで稼ぎたい!」と考えている方は、日雇いをうまく活用しながらどんどん稼いでくださいね。

> 続きを読む

バイトの種類について|フリーターにおすすめのバイト10選も公開

一口に「バイト」といっても様々な種類がありますし、収入や働き方も大きく異なります。

バイトを検討している身としては、「あまりキツくない仕事がいい」「なるべく稼げる仕事がいい」というのが本音なのではないでしょうか。

そこで、今回はバイトの種類や、フリーターにおすすめのバイトをご紹介します。自分に合ったバイトを選ぶためにも、本ページの内容をチェックしてみてくださいね!

バイトなら自由なシフトで簡単に稼げる!

バイトなら自由なシフトで簡単に稼ぐことができます。

近年はあらゆる業種が人手不足に陥っていることから、求人を見てみると条件の良いバイトが多いものです。例えば、「高収入」「シフトは自由に決められる」「充実した待遇」など、これまでのバイトでは考えられなかったような好条件が並んでいるのです!

自由に時間を使いつつ、簡単に稼ぎたい!と考えているのであれば、フリーターとしてバイトで稼ぐことをおすすめします。

バイトの種類とおススメの仕事

バイトには様々な種類がありますので、「どれを選んだら良いのか分からない」と悩んでしまう方も多いでしょう。

ここからは、主なバイトの種類と、おすすめの仕事について詳しくご紹介します。

アンケートモニター

アンケート会社による質問に答えて報酬をゲットします。一つの質問につき、数円~数十円と安価な場合が多いものの、たくさんの質問に回答していくことで1時間あたりの報酬はぐっと高額になります。

Uber Eats

飲食店の料理をお客さんのもとへデリバリーするお仕事です。本業の帰りや、空いた時間を活用して配達を行いますので、掛け持ちしたい方にもおすすめ。やればやるだけ収入になるので、ガッツリ稼ぎたい方でも満足できるでしょう。

食品モニター

自宅に宅配される食品を実際に食べて調査会社に感想を送ったり、お客さんとして飲食店に来店して、お店の雰囲気や料理についてチェックするバイトです。案件によって給料は異なりますが、時給換算で数百円~1,000円以上になることがほとんどです。

文字起こし

録音テープやファイルを受け取り、録音されている会話の内容を文字に起こすお仕事です。インタビューやセミナー、勉強会などのビジネスシーンの録音テープの文字起こしが多い傾向にあります。

試験監督

試験の際に、必要要旨(問題用紙や答案用紙)の配布・回収や、受験生の不正チェックを行います。入試や模試などで試験監督を募集していることが多いです。

治験

製造前の医療機器や医薬品の臨床試験を受けます。事前に健康状態をチェックしてから行いますので、治験とはいっても危険な事態に陥るリスクはありません。主に投薬と採血によるものが多く、通院・入院の2パターンの治験があります。

施設警備員

施設内を巡回して安全を守るお仕事です。営業時間中及び、閉店後の施設内を見回り、不審者や設備の不具合・不備などをチェックします。

リゾートバイト

レジャー施設でのバイトです。宿泊を伴うことが多いものの、冬シーズンはスキー場、夏シーズンは海やプールなどで働けます。バイト終了後はレジャー施設で遊べるので、楽しみながら働けるのが魅力です。

ネットカフェ

ネットカフェ利用者のために、接客や清掃、料理の提供などを行います。24時間営業のネットカフェが多いので、時間帯を気にせず働くことができ、Wワークにもおすすめです。

データ入力

企業が提供される情報をもとに、指定されたフォーマットにデータを入力していきます。数字や短文を入力することが多いものの、特別なスキルは不要です。エクセルやワードの基本的な使い方が分かれば、誰でもチャレンジできます。

バイトの種類を知って簡単&ラクに稼ごう

バイトの種類は豊富ですので、まずは「どんなお仕事があるのか」を理解したうえで、求人を探してみることがおすすめです!

自分に合った仕事なら、ストレスなく「簡単」かつ「ラク」にお金を稼げるでしょう。現在、フリーターとして働きたいと考えている方は、参考にしてみてくださいね。

> 続きを読む

バイトの面接でよく聞かれる質問・回答10選

バイトの面接では様々な質問をされますよね。緊張してしまうと「どう答えたら良いのか」と悩んでしまうものです。
そこで、本ページではバイトの面接でよく聞かれる質問と、ベストな回答についてご紹介します。印象アップ&採用チャンスアップのためにもチェックしましょう。

バイトの面接でありがちな質問&回答

さっそく、バイトの面接でよく聞かれる質問と、それぞれの回答についてご紹介していきます。
しっかりと答えるためにも、参考にしてみてください。

これまでの経験

これまでにどのような経験をしてきたかを質問されることが多いです。
特に「過去のバイト歴」「過去のバイトでやっていたこと」などは、採用側が気になるポイント。
これまでの経験はなるべく具体的に話し、採用側にしっかりとアピールしましょう。

応募の理由

「なぜこのバイトに応募したのか」は、ほぼ必ず聞かれる質問です。
当然ながら「なんとなく応募しました」「家から近かったので…」などの理由は良い印象を与えません。「この職業に興味があったから」「経験やスキルを活かせると思ったから」などと答えるのがベストです。

長所

応募者にはどのようないいところがあるのかは、バイトの面接でよく聞かれる質問です。
好まれやすいのは「コミュニケーション能力の高さ(人が好きなどもOK)」「真面目さ」などの回答ですので、上記を参考にしながら自分なりにアレンジしてみてください。

短所

自分の苦手なことや、性格面などの短所では、ネガティブする回答はNGです。「この短所なら差し支えない」と感じてもらえるような回答が好ましいでしょう。
例えば「他人を気遣いすぎて自分のことを後回しにしてしまう」「緊張しやすい」などであれば、深刻な短所と判断されにくいのでおすすめです。

どのように働きたいか

「どのように働きたいか」を質問されたら、「いろいろなことに挑戦したい」「なるべくお客様と関わりたい」など、意欲を感じるような回答が好ましいです。
特に、仕事内容が幅広いバイトの場合は、積極性を見せると高印象でしょう。

可能な出勤日

バイトの面接では「どれくらいシフトに入れるか」を聞かれます。
可能であれば週の半分以上は出勤できることをアピールしてください。週に1回などの回数では、「あまり戦力にならないな」と判断されてしまう場合がありますので注意しましょう。

前のバイトを辞めた理由

過去にバイトしたことがある場合、「なぜ前のバイトをやめたのか」を聞かれる可能性が高いです。
バイトを辞めた理由はなるべく正直に答える必要がありますが、悪印象を与えるような理由であればやんわりと触れる程度に説明しましょう。
例えば、単純に仕事がイヤになって辞めた場合、「仕事内容が自分に合わなかった」といった表現で回答することをおすすめします。

苦手なこと

「苦手なことは何ですか?」といった質問をされた場合は、応募するバイトの仕事内容に影響を及ぼさないような回答をしましょう。
例えば、接客業のバイトをする場合は「工場勤務のような単純作業が苦手」などのように、印象を悪くしないような工夫が大切です。

得意なこと

バイトの面接では、「得意なこと」を聞かれることがほとんどです。
上記の質問をされた場合は、応募したバイトの仕事内容に合わせた回答が良いでしょう。
仮に接客業を希望するのであれば「初対面の人とも仲良く話せます」「相手の気持ちを汲み取るのが得意」などがおすすめです。

所有している資格

バイトであればそこまで重視されるものではありませんが、「資格」について聞かれることがあります。
所有している資格があれば問題ありませんが、何の資格も持っていない場合は「今資格取得に向けて勉強中です」といった回答例があります。とはいえ、資格必須のバイトではない場合は、そこまで気にする必要はありません。

面接前に質問・回答を想定しておきましょう

今回はバイトの面接でよく聞かれる質問と回答例についてご紹介しました。
バイトの採用は、面接時の回答で大きく左右するといっても過言ではありません。
面接前にしっかりと準備し、定番の質問はスムーズに回答できるようにしましょう!

> 続きを読む
お役立ちコラムもっとみる
軽作業求人サイトランキング

おすすめ求人サイト

口コミ投稿はこちらから!