メニュー 閉じる

おすすめ求人サイト一覧

Site List

求人サイトランキング

Ranking

お役立ち!軽作業求人コラム

Column

バイトの面接前にチェック!アピールすべきポイントを解説

バイトの面接で何をアピールしたらいいのか分からない…。
そんな悩みを抱えている方はいませんか?ただでさえバイトの面接は緊張するのに、自分をアピールするなんてさらに難易度が高いと感じてしまいますよね!
特に、資格や特技がない場合は、アピールポイントがなくて困る…と悩むのは当然のことです。
そこで、今回はバイトの面接を受けるにあたり、アピールすべきポイントについて、詳しくご紹介します!

バイトの面接で採用側が見ていること

そもそも、バイトの面接では、採用側は応募者の何を見ているのでしょうか?
まずは、バイトの面接で採用側が見ているポイントについて把握しておきましょう!

熱意、やる気

バイトの面接で採用側が見ているのは、「熱意」「やる気」などです!
バイトとはいえ、金銭が関わっている以上は立派な仕事。やる気や熱意をもって取り組んでくれるのか…といった点は採用側が最も気になる部分です。
そのため、当然ながら「とりあえず応募してみた」「求人誌で見かけたから」といった、熱意ややる気が曖昧に感じる発言は、不採用となってしまう可能性が高いといえます。

誠実さ、真面目さ

バイトの面接では、「誠実さ」「真面目さ」などを採用側はチェックしています。
仕事をするうえで、誠実であることや、真面目であることは大切なポイント!「きちんと仕事を覚えようとしてくれるのか」を見極めるポイントでもあることから、採用側は誠実さや真面目さをしっかりチェックします。

これまでの経験

バイトの面接では、採用側は「これまでの経験」をチェックします。
例えば、これまでの経験が仕事に役立つことがあれば、採用側は積極的に採用したいと考えるでしょう。とはいえ、経験については「必須」ではありません。
あくまでも「参考程度」としてチェックしている採用者がほとんどですので、「経験が少ない」「応募したバイトと関係のない仕事しか経験がない」といった場合も、そこまで気にする必要はないでしょう。

バイトの面接でアピールすべきポイント

バイトの面接では、どのようなことをアピールすれば良いのでしょうか。
採用の可能性を高めるためにも、誰でもできるアピールについて、チェックしておきましょう!

過去のバイト・学校などでの経験

バイトの面接でアピールすべきポイントといえるのが、「過去の経験」です。
とはいえ、必ずしも過去のバイト経験だけではなく、学校で経験したこともアピールしても問題ありません!
例えば、「サークルでボランティア活動をしていたから、人と関わること(接客)が得意」「長年スポーツ系の部活をしていたから体力に自信がある」など、バイトだけではなく学校の経験も積極的にアピールすることで、好印象になります。

やる気がある、真面目な性格であること

バイトの面接で忘れてはならないのが「やる気」「真面目な性格」のアピールです。
「積極的に仕事を覚えたい」という姿勢を見せたり、「ここで働くことが楽しみ」といった意欲を見せたりすることは、採用側に良い印象を与えることとなります。
間違っても「働くことに不安がある」「求人誌に掲載されていたからとりあえず応募してみた」といったネガティブな発言はしないようにしてください!

バイトの面接では「自分」をしっかりアピールしましょう

バイトの面接では、「自分」をしっかりとアピールすることが大切です。特に、「前向きな性格」はしっかりとアピールしておくことで、採用側に「職場に欲しい」と感じてもらえます。
バイトの面接を控えている方や、今後バイトを始めようと検討している方は、ぜひ今回ご紹介した「アピールすべきポイント」を参考にしながら、面接に挑んでくださいね!

軽作業求人サイトランキング

お役立ちコラムはこちら

バイトで稼ぐなら日雇いがおすすめ!気軽に働ける&高収入のお仕事特集

「稼げるバイトがしたい!」「空いた時間を有効活用できるようなバイトないかな」など、せっかくバイトするなら、収入をアップできるようなお仕事をしたいですよね!

しかし、中には長期的に継続して働くのは難しい…という方や、単発でサクッと稼ぎたい!という方がいるのも事実。そんな方でも効率よく稼げるのが「日雇い」なのです。

そこで、今回はバイトで稼ぎたい方に向けて、日雇いのお仕事を詳しくご紹介します。

日雇いとは

日雇いとは、1日限りで雇用契約を結ぶ働き方を指します。

一般的なバイトの場合は、数か月や数年継続して働くことを前提に雇用契約を結びますが、日雇いの場合は1日限りですので、気軽に予定のない日に働けるのが魅力です。

なお、「日雇い」は場合によっては「1ヶ月未満の雇用契約」を指す場合もありますので、働き始める前にバイト先に「雇用期間」を確認しておくことをおすすめします。

日雇いで稼げる仕事と仕事内容

日雇いで稼げるバイトの多くは「軽作業系」のお仕事です。

重労働ではありませんし、特別なスキルも不要な場合がほとんどですので、日雇いバイトを始めるために勉強や準備を進めておく必要はありません。

日雇いで稼げる具体的な仕事と、仕事内容について詳しく見ていきましょう!

治験

日雇いで稼げる仕事として、まず挙げられるのが「治験」です。

治験とは、医療機器や医薬品などの臨床試験のことです。法律上、医療機器や医薬品は臨床試験を得てからでないと製造を進めることができません。

しかし、臨床試験とはいえ特別な資格は必要ないですし、試験の最中に危険な事態に陥るケースはなく、体質や体調などをチェックしながら、安心して治験に望めます。

治験は1日あたり数万円以上に及ぶこともありますので、「日雇いで稼ぎたい!」という方にピッタリのバイトといえるでしょう!

警備員

警備員は、日雇いで稼げるバイトの一つです。

一口に警備員といっても、施設内や道路、駐車場など、働く場所は様々ですが、それぞれ収入に大差ありません。

警備員は、主に「指定された場所の見回りや点検」「交通整備」などの仕事内容です。

仕事内容は比較的シンプルで覚えやすく、資格も不要ですので、日雇いで働きやすい職種です。

ちなみに、警備員の給料は1日あたり1万円以上と高額な場合が多いので、「1日で稼ぎたい」という方におすすめできます。

アルバイト・求人情報サービスan提供「超バイト」

大手求人情報サービスが提供する「超バイト」は、日雇いかつ超稼げるお仕事です。

超バイトは、資格が不要であることはもちろんのこと、スキマ時間で自分の経験やスキルを活かした働き方ができるのが特徴で、日給で換算すると2万円以上に及ぶこともあります。

自分ができる仕事をチョイスして働けるので、初めてでも緊張することなくスムーズに働き始められるでしょう!

「日雇いでバイトしたいけれど、経験のない仕事は不安…」という方は、超バイトに掲載されている求人をチェックしてみてはいかがでしょうか。

日雇いバイトでたっぷり稼ごう

今回は、日雇いで稼げるバイトについてご紹介しました。

日雇いは、毎日忙しく過ごしている方や、空いた時間に働きたいと考えている方にとって、最適な働き方といえます。

現在「バイトで稼ぎたい!」と考えている方は、日雇いをうまく活用しながらどんどん稼いでくださいね。

> 続きを読む

バイトの種類について|フリーターにおすすめのバイト10選も公開

一口に「バイト」といっても様々な種類がありますし、収入や働き方も大きく異なります。

バイトを検討している身としては、「あまりキツくない仕事がいい」「なるべく稼げる仕事がいい」というのが本音なのではないでしょうか。

そこで、今回はバイトの種類や、フリーターにおすすめのバイトをご紹介します。自分に合ったバイトを選ぶためにも、本ページの内容をチェックしてみてくださいね!

バイトなら自由なシフトで簡単に稼げる!

バイトなら自由なシフトで簡単に稼ぐことができます。

近年はあらゆる業種が人手不足に陥っていることから、求人を見てみると条件の良いバイトが多いものです。例えば、「高収入」「シフトは自由に決められる」「充実した待遇」など、これまでのバイトでは考えられなかったような好条件が並んでいるのです!

自由に時間を使いつつ、簡単に稼ぎたい!と考えているのであれば、フリーターとしてバイトで稼ぐことをおすすめします。

バイトの種類とおススメの仕事

バイトには様々な種類がありますので、「どれを選んだら良いのか分からない」と悩んでしまう方も多いでしょう。

ここからは、主なバイトの種類と、おすすめの仕事について詳しくご紹介します。

アンケートモニター

アンケート会社による質問に答えて報酬をゲットします。一つの質問につき、数円~数十円と安価な場合が多いものの、たくさんの質問に回答していくことで1時間あたりの報酬はぐっと高額になります。

Uber Eats

飲食店の料理をお客さんのもとへデリバリーするお仕事です。本業の帰りや、空いた時間を活用して配達を行いますので、掛け持ちしたい方にもおすすめ。やればやるだけ収入になるので、ガッツリ稼ぎたい方でも満足できるでしょう。

食品モニター

自宅に宅配される食品を実際に食べて調査会社に感想を送ったり、お客さんとして飲食店に来店して、お店の雰囲気や料理についてチェックするバイトです。案件によって給料は異なりますが、時給換算で数百円~1,000円以上になることがほとんどです。

文字起こし

録音テープやファイルを受け取り、録音されている会話の内容を文字に起こすお仕事です。インタビューやセミナー、勉強会などのビジネスシーンの録音テープの文字起こしが多い傾向にあります。

試験監督

試験の際に、必要要旨(問題用紙や答案用紙)の配布・回収や、受験生の不正チェックを行います。入試や模試などで試験監督を募集していることが多いです。

治験

製造前の医療機器や医薬品の臨床試験を受けます。事前に健康状態をチェックしてから行いますので、治験とはいっても危険な事態に陥るリスクはありません。主に投薬と採血によるものが多く、通院・入院の2パターンの治験があります。

施設警備員

施設内を巡回して安全を守るお仕事です。営業時間中及び、閉店後の施設内を見回り、不審者や設備の不具合・不備などをチェックします。

リゾートバイト

レジャー施設でのバイトです。宿泊を伴うことが多いものの、冬シーズンはスキー場、夏シーズンは海やプールなどで働けます。バイト終了後はレジャー施設で遊べるので、楽しみながら働けるのが魅力です。

ネットカフェ

ネットカフェ利用者のために、接客や清掃、料理の提供などを行います。24時間営業のネットカフェが多いので、時間帯を気にせず働くことができ、Wワークにもおすすめです。

データ入力

企業が提供される情報をもとに、指定されたフォーマットにデータを入力していきます。数字や短文を入力することが多いものの、特別なスキルは不要です。エクセルやワードの基本的な使い方が分かれば、誰でもチャレンジできます。

バイトの種類を知って簡単&ラクに稼ごう

バイトの種類は豊富ですので、まずは「どんなお仕事があるのか」を理解したうえで、求人を探してみることがおすすめです!

自分に合った仕事なら、ストレスなく「簡単」かつ「ラク」にお金を稼げるでしょう。現在、フリーターとして働きたいと考えている方は、参考にしてみてくださいね。

> 続きを読む

バイトの面接でよく聞かれる質問・回答10選

バイトの面接では様々な質問をされますよね。緊張してしまうと「どう答えたら良いのか」と悩んでしまうものです。
そこで、本ページではバイトの面接でよく聞かれる質問と、ベストな回答についてご紹介します。印象アップ&採用チャンスアップのためにもチェックしましょう。

バイトの面接でありがちな質問&回答

さっそく、バイトの面接でよく聞かれる質問と、それぞれの回答についてご紹介していきます。
しっかりと答えるためにも、参考にしてみてください。

これまでの経験

これまでにどのような経験をしてきたかを質問されることが多いです。
特に「過去のバイト歴」「過去のバイトでやっていたこと」などは、採用側が気になるポイント。
これまでの経験はなるべく具体的に話し、採用側にしっかりとアピールしましょう。

応募の理由

「なぜこのバイトに応募したのか」は、ほぼ必ず聞かれる質問です。
当然ながら「なんとなく応募しました」「家から近かったので…」などの理由は良い印象を与えません。「この職業に興味があったから」「経験やスキルを活かせると思ったから」などと答えるのがベストです。

長所

応募者にはどのようないいところがあるのかは、バイトの面接でよく聞かれる質問です。
好まれやすいのは「コミュニケーション能力の高さ(人が好きなどもOK)」「真面目さ」などの回答ですので、上記を参考にしながら自分なりにアレンジしてみてください。

短所

自分の苦手なことや、性格面などの短所では、ネガティブする回答はNGです。「この短所なら差し支えない」と感じてもらえるような回答が好ましいでしょう。
例えば「他人を気遣いすぎて自分のことを後回しにしてしまう」「緊張しやすい」などであれば、深刻な短所と判断されにくいのでおすすめです。

どのように働きたいか

「どのように働きたいか」を質問されたら、「いろいろなことに挑戦したい」「なるべくお客様と関わりたい」など、意欲を感じるような回答が好ましいです。
特に、仕事内容が幅広いバイトの場合は、積極性を見せると高印象でしょう。

可能な出勤日

バイトの面接では「どれくらいシフトに入れるか」を聞かれます。
可能であれば週の半分以上は出勤できることをアピールしてください。週に1回などの回数では、「あまり戦力にならないな」と判断されてしまう場合がありますので注意しましょう。

前のバイトを辞めた理由

過去にバイトしたことがある場合、「なぜ前のバイトをやめたのか」を聞かれる可能性が高いです。
バイトを辞めた理由はなるべく正直に答える必要がありますが、悪印象を与えるような理由であればやんわりと触れる程度に説明しましょう。
例えば、単純に仕事がイヤになって辞めた場合、「仕事内容が自分に合わなかった」といった表現で回答することをおすすめします。

苦手なこと

「苦手なことは何ですか?」といった質問をされた場合は、応募するバイトの仕事内容に影響を及ぼさないような回答をしましょう。
例えば、接客業のバイトをする場合は「工場勤務のような単純作業が苦手」などのように、印象を悪くしないような工夫が大切です。

得意なこと

バイトの面接では、「得意なこと」を聞かれることがほとんどです。
上記の質問をされた場合は、応募したバイトの仕事内容に合わせた回答が良いでしょう。
仮に接客業を希望するのであれば「初対面の人とも仲良く話せます」「相手の気持ちを汲み取るのが得意」などがおすすめです。

所有している資格

バイトであればそこまで重視されるものではありませんが、「資格」について聞かれることがあります。
所有している資格があれば問題ありませんが、何の資格も持っていない場合は「今資格取得に向けて勉強中です」といった回答例があります。とはいえ、資格必須のバイトではない場合は、そこまで気にする必要はありません。

面接前に質問・回答を想定しておきましょう

今回はバイトの面接でよく聞かれる質問と回答例についてご紹介しました。
バイトの採用は、面接時の回答で大きく左右するといっても過言ではありません。
面接前にしっかりと準備し、定番の質問はスムーズに回答できるようにしましょう!

> 続きを読む
お役立ちコラムもっとみる
軽作業求人サイトランキング

おすすめ求人サイト

口コミ投稿はこちらから!