メニュー 閉じる

おすすめ求人サイト一覧

Site List

求人サイトランキング

Ranking

お役立ち!軽作業求人コラム

Column

軽作業の求人・バイト探しに役立つお役立ちコラム一覧

2019年12月10日

派遣のダブルワークってOK?税金面の問題や働く際の注意点について

派遣でダブルワークとして働きたいけれど、税金はどうすれば良いのか不安…。など、派遣でダブルワークするにあたって、不安を抱えている方はいらっしゃいませんか?
税金は複雑ですから、正しく把握しておかないと、意図せずに脱税となってしまうかもしれません。そこで、今回は派遣でダブルワークする際の税金面の問題や、働く際の注意点いついて詳しく解説します。

そもそも派遣でダブルワークってOKなの?

そもそも正社員は、派遣でダブルワークを行うことは可能なのでしょうか?
結論から言いますと、正社員が派遣でダブルワークしても特に問題はありません!実際、法律上でも認められていますし、キャリア形成にもつながることから、副業を行うことを推奨しているほどです。

ただし、正社員の場合は、就職している勤務先のルールに従う必要があります。例えば、就業規則に「ダブルワーク不可」といった記載がある場合は、自己判断でダブルワークを始めることで、減給や出勤停止、降格などの処分が下される場合があるのです。
正社員は、必ず勤務先のルールを把握したうえで、派遣でのダブルワークを検討しなければなりません。

派遣でダブルワークした場合の税金

派遣でダブルワークした場合、いくつか把握しておくべき税金の問題があります。
年末に行わなければならない「年末調整」は、基本的に収入が多い方の会社で行うのが一般的です。
年末調整を行う際は「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」「給与所得者の保険料控除申告書兼給与所得者の配偶者特別控除申告書」の2種類の書類に必要事項を記入する必要があります。

また、ダブルワークの派遣先からの収入が、年間20万円を超える場合は確定申告をしなければなりません。うっかり忘れてしまったり、収入を年間20万円以下と誤解して確定申告をせずにいると、「脱税」と見なされる場合がありますので注意が必要です。

派遣でダブルワークする際の注意点

派遣でダブルワークするにあたり、いくつか注意点があります。
どのような注意点があるのか、ここから詳しく見ていきましょう!

本業に支障をきたさないようにする

派遣でダブルワークをする場合は、本業に支障をきたさないようにしましょう。
特に「スケジュール管理」「体調管理」などは、徹底しなければなりません。まずは、「本当に両立ができるか」を慎重に考え、ダブルワークを検討してくださいね。

責任感を持ってダブルワークをする

「どうせダブルワークだし」といった軽い気持ちで派遣を始めるのは好ましくありません。仕事に対する意識の低さは、仕事の品質に関わりますし、ミスや怪我などにもつながります。
仮にダブルワークであったとしても、責任感を持って仕事をしましょう。

情報漏洩に注意

派遣先で働いたときに得た情報を、外部に漏らすのは絶対にやめましょう。たとえ、親しい友人間で「派遣先でこんなことがあった」「派遣先はこうらしい」など、雑談程度で話すのもNGです。
最悪の場合、情報漏洩として見なされ、派遣先から賠償金や慰謝料などを請求される場合があります。

派遣でのダブルワークで収入アップを目指そう!

今回は、派遣でダブルワークするにあたり、「税金の問題」「働く際の注意点」などについて解説しました。
ダブルワークを始めてから「こんなはずではなかった…」と後悔しないためにも、今回ご紹介した内容を参考にしながら、派遣を検討してみてくださいね。

もっと見る

2019年12月10日

派遣の契約満了について|次の仕事が決まらなかった場合の対処もご紹介

「派遣の契約満了って何?」といった疑問を抱えている方はいらっしゃいませんか?
派遣として働くのであれば、「契約満了」について知っておかないと、後々大変なことになってしまうかもしれません。
そこで、今回は派遣の契約満了について詳しく解説します。

派遣の契約満了とは

派遣の契約満了とは、「派遣として働くにあたっての契約期間が満了を迎えた」という意味です。
そもそも派遣は、同じ仕事先で長く勤め続けるものではありません。一定の期間が設けられていますので、契約満了となったら、今まで働いていた仕事先での就業は終了となります。

派遣の契約開始から契約満了までの流れ

派遣の契約開始から、契約満了までの流れについて見ていきましょう。

1.派遣会社に登録
2.派遣会社からのスキルチェクを受ける
3.派遣会社と希望職種などの相談
4.派遣会社から仕事の紹介
5.就業開始
6.契約満了

派遣会社に登録する際は、実際に「登録会」に参加するか、web上で登録します。
また、派遣会社のスキルチェックは非常に簡単なものですので心配はいりません。例えば「タイピングのスキルを確認する程度」「ビジネスマナーを確認する程度」です。
ちなみに、派遣の契約期間については2か月から半年が多いです。その後も同じ職場で働く場合は「契約延長」を行い、最大で3年間同じ職場で働き続けることができます。

派遣の契約満了後について

派遣の契約満了後は、また新しい派遣先を見つける必要があります。
「今まで働いていた仕事先と似た職種や業界で働きたい」「新しい分野にチャレンジしてみたい」など、派遣会社の担当者と相談をしながら次の仕事先を決定します。
とはいえ、必ずしもスムーズに次の派遣先が見つかるとは限りません。希望条件や、求人の状況によっては、契約満了後から次の仕事が見つかるまでに時間がかかったり、そもそも派遣先が見つからなかったりする場合もあります。

しかし、万が一契約満了後に派遣先が見つからなくても、「失業保険」を受給することができますので、仮に次の派遣先が見つからず空白期間が生じてしまっても、収入面はある程度確保できます。
ただし、失業保険を受け取るには、「雇用保険に加入していること」が条件となりますので、注意してください。

同じ場所で長く働くには

同じ派遣先で長く働くには、「契約更新を行って最長3年間働く」もしくは「正社員に登用してもらう」といった選択肢があります。
派遣で働きたいと考えている方の中には「なるべく同じ派遣先で働き続けたい」という方もいらっしゃるでしょう。

何度も派遣先が変わり、環境が変わるのは不安を感じてしまいますし、派遣先が変わるたびに業務内容を覚えなければならず負担もあるものです。
しかし、契約更新を行えば最長で3年間同じ仕事場で働き続けることができます。また、派遣先から申し出があり、正社員に登用できれば、今後は契約期間に縛られることなく働き続けることができるのです。
いずれにせよ、派遣先と自分の、「両者の同意」が必要ですが、選択肢の一つとして覚えておくと良いでしょう。

派遣の契約満了について正しく理解しよう

今回は、派遣の契約満了について解説しました。
派遣は、一般的な正社員とは異なり、一定の契約期間が設けられています。契約満了になったら、その都度次の派遣先を見つけなければなりません。
派遣として働くことを検討している方は、本ページを参考にしながら、働き方について考えてみてください。

もっと見る

2019年11月25日

派遣とアルバイトの違いとは?それぞれの特徴について解説

皆さんは派遣とアルバイトの違いについて知っていますか?
派遣とアルバイトの明確なボーダーラインについて、詳しくは知らないという方も多いでしょう。どちらも同じようなイメージがありますが、実はそれぞれ大きな違いがあります。
そこで、今回は派遣とアルバイトの違いについて解説します!
自分に合った働き方を見つけるためにも、両者の違いを把握しておきましょう。

アルバイトとは

アルバイトとは、働き先と直接契約を結び、お仕事をする働き方です。
自分で直接求人を探したり応募したりするほか、お給料も働き先から直接支払われます。アルバイトの求人は、求人広告やフリーペーパーなどに掲載されていることが多いため、自分で好きな仕事を見つけたい方におすすめです。

派遣とは

派遣は、派遣会社が「働き手」と「働き先」の中間に入ります。
アルバイトと違い、働き先と直接契約を結ぶことはなく、派遣会社と契約を結びます。また、お給料も派遣会社から支払われるため、働き先はあくまでも「仕事をする場所」です。
また、派遣会社からお仕事の紹介を受けるため、自分で仕事を探す必要がありません。

派遣・アルバイトのメリット

ここからは、派遣とアルバイトのメリットについて解説します!

派遣のメリット

派遣のメリットとしてまず挙げられるのは「お給料の高さ」です。
時給は1,000円以上がほとんどで、中には時給が2,000円を超えるお仕事も存在します。特に、専門知識が必要となるお仕事や、経験が問われるお仕事の場合は給料が高くなる傾向にあります。
もちろん、未経験であっても時給の高いお仕事もたくさんありますので「収入重視」の方には魅力的でしょう。
他にも、「働き先とトラブルになったときに派遣会社が間に入ってくれる」といったメリットもあります。派遣会社が働き先に交渉してくれるので、自分で対応する必要はありません。

アルバイトのメリット

アルバイトのメリットは「長く継続して働き続けられる」というものです。契約期間などが設けられていないため、解雇や自主退職でもない限りは、ずっと働き続けることができます。
「同じ場所でずっと働き続けたい」という人にはメリットとなるでしょう。

派遣・アルバイトのデメリット

次に、派遣・アルバイトのデメリットについて解説します。

派遣のデメリット

派遣のデメリットは「契約期間が設けられている」というものです。
一定期間が経過したら、別の働き先に移動するか、働き先と交渉して正社員として採用してもらう必要があります。
長く働き続けたい人にとっては、デメリットとなってしまうでしょう。

アルバイトのデメリット

アルバイトのデメリットは「時給が低い」「トラブルを自分で対応する必要がある」「事前に働き先の情報が分かりにくい」などが挙げられます。
派遣と比べると時給が安価な求人が多いうえに、働き先とトラブルが合ったら自分で対応しなければなりません。
また派遣会社のように、事前に「この会社はどんな会社か」をチェックする機会がないため、人間関係や職場の雰囲気が分かりにくいといえます。

自分らしく働くなら「派遣」がおすすめ!

自分らしく働くなら「派遣」がおすすめです。
比較的時給が高いため、プライベートも充実させることができますし、万が一の派遣先とのトラブルにも安心です。
ストレスなく、働きたいという人は、ぜひ「派遣」としての働き方を検討してみてはいかがでしょうか?

もっと見る

2019年9月13日

派遣社員は副業してもいい?両立のポイントと注意点について解説!

あなたは「派遣社員って副業してもいいの?」といった疑問を抱えていませんか?
「副業解禁」といったワードが広く認知されて久しいですが、派遣社員の副業に関しては、まだまだ正しく理解されていないことがほとんどです。
そこで、今回は派遣社員の副業の可否や、両立のポイント、注意点について解説します。

派遣社員って副業してもいいの?

結論から言いますと、「派遣会社との契約内容による」というのが事実です。
例えば、派遣契約を結ぶにあたり、契約書に「副業は禁止する」といった内容が記載されていた場合は、副業ができません。しかし、副業に関する内容が記載されていなかったり、副業を許可する要旨の内容が記載されている場合は、副業をしても問題ありません。
まずは派遣会社との契約内容を見直してみてください。

派遣社員が副業と両立させるためのポイント

派遣社員としての仕事と副業を両立させるためには、どうしたらよいのでしょうか。
ここからは、派遣社員が副業と両立させるためのポイントについて解説します。

普段の仕事内容から「疲労度」を考えて副業を選ぶ

まずは、普段の仕事内容とのバランスを見て副業を選ぶことが大切です。
例えば、普段の仕事が肉体労働の場合、副業でも肉体労働を選んでしまうと、ヘトヘトになってしまうかもしれません。本業に支障が出る可能性もあります。
普段の仕事がどれくらいの疲労度かをよく考え、副業のタイプや働き方を選びましょう。

シフトの融通が利く副業をする

シフトの融通が利く副業をしましょう。
あくまでも本業は「派遣社員として働くこと」ですから、本業を中心にして副業を検討する必要があります。
本業の通勤時間や終了時間をよく考えたうえで、どのようなシフトが最適かを考えてみてください。特に、「残業」がある派遣社員の場合は、急な残業にも対応できるような副業をおすすめします。

派遣社員が副業をする際の注意点

派遣社員が副業をするにあたり、いくつか注意点があります。
ここからは、派遣社員が副業をする場合の注意点について、詳しくご紹介します。

本業に支障が生じないようにする

派遣社員が副業をする場合、本業に支障が生じないように副業をすることが大前提です。
本業に支障が生じるような、通勤に間に合わないほどの無理なシフトや、疲労によってつい欠勤したくなってしまうほどの過酷な仕事内容では、派遣先の職場はもちろんのこと、契約先の派遣会社にも迷惑をかけてしまうことになります。
信用問題に大きく関わるため、本業に影響しない範囲で副業をしましょう。

無理な労働による「体調不良」に気を付ける

本業と副業を両立させるにあたり、無理な働き方をすると「体調不良」に陥ってしまう可能性があります。
体調不良の中での仕事は、集中力低下によってクオリティも下がってしまうだけでなく、欠勤や早退にもつながり、多くの人に迷惑をかけてしまうものです。
無理のないように副業をすることが大切です。

派遣社員も副業で収入アップを目指そう!

派遣社員も副業で収入アップを目指すことは可能です。
実際、派遣社員としての仕事を本業にし、副業にも積極的にチャレンジしている方は少なくありません。
「派遣社員としてだけでの収入では生活が不安…」という方にとって、副業は重要な選択肢といえるでしょう。
まずは、派遣会社との契約内容に改めて目を通し、副業がOKという方であれば、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

もっと見る

2019年9月13日

派遣社員の3年ルールとは?概要やメリット・デメリットについて

「派遣社員の3年ルールってなに?」「3年ルールにはどんなメリットがあるの?」など、派遣社員の3年ルールについて疑問を抱えていませんか?
派遣社員として働くにあたり、様々なルールがありますが、中でも「3年ルール」は正しく把握しておかなければならない項目です。
そこで、今回は派遣社員の3年ルールについて詳しくご紹介します。

派遣社員の3年ルールとは

派遣社員の3年ルールとは、「派遣社員として働く期間の最長期間」を定めたものです。
同じ仕事先で働く場合は、最大3年間を限度として決められているので、3年が経過したら別の仕事先で働くか、今まで働いていた仕事先の正社員や契約社員などになるか、といった選択を検討しなければなりません。

派遣社員の3年ルールが適用されないケース

「派遣社員の3年ルール」は、働き手の状況などによって適用されないケースがあります。

・無期雇用の派遣労働者の場合
・高齢(60歳以上)の派遣労働者の場合

上記2つのいずれかに該当する場合は、派遣社員の3年ルールが適用されません。
派遣社員は必ずしも「有期雇用」ではなく、契約内容によっては「無期雇用」を選択することもできます。仮に無期雇用を選んだ場合は、3年ルールに縛られることなく、仕事先との合意の上で3年以上働くことができます。
また、派遣労働者の年齢が60歳以上の場合も、3年ルールは適用されません。環境や仕事内容を変更することなく、働き続けることができます。

派遣社員の3年ルールのメリット

派遣社員の3年ルールのメリットとして挙げられるのが「別の雇用形態を検討してもらいやすい」というものです。
有期雇用契約で3年間働いた場合、仕事先が今後の継続を希望すれば正社員や契約社員など、派遣会社を挟まない直接雇用を実現しやすくなります。
また、仮に正社員や契約社員として採用してもらえなかったとしても、3年を目途に別の仕事先で働くことができます。「もしかしたら正社員にしてくれるかもしれない」「契約社員として働かせてもらえるかも」と、長年期待し続けることがなくなり、時間を無駄にしてしまうリスクを回避できます。

派遣社員の3年ルールのデメリット

派遣社員の3年ルールのデメリットは、やはり「3年までしか同じ仕事先で働けない」ということでしょう。
仕事環境が良かったり、人間関係に問題がないなど、魅力的な仕事先に派遣されていた場合、長く働きたいというのが正直なところでしょう。しかし、3年ルールが適用される派遣労働者の場合は、自分の都合で継続させることができません。
「一つの仕事先で長く勤めたい」という方にとって、派遣社員の3年ルールは、やや煩わしいものに感じるでしょう。

「無期雇用契約」「正社員や契約社員」へのチャンスを高める方法

今後も同じ場所で働き続けたい!という場合は、無期雇用契約や正社員・契約社員として働く必要があります。そのためには、仕事先で認められ、「これからもウチの会社で働いてほしい」と思ってもらわなければなりません。
積極的に「提案」「意見」を述べたり、多くの社員とコミュニケーションを取るようにしましょう。
仕事先での評価が高まり、無期雇用契約や、正社員・契約社員としての働き方を検討してもらいやすくなります。

派遣社員の3年ルールを正しく把握しよう

本ページでは、派遣社員の3年ルールについて、詳しくご紹介しました。
有期雇用の派遣社員にとって「3年ルール」は切っても切り離せないルールです。これから派遣社員として働くことを検討中の方や、現在派遣社員として働いている方は、今一度「3年ルール」について、正しい情報をチェックしましょう。

もっと見る

2019年8月19日

派遣社員のメリット・デメリットは?働き方を考えたくなったらチェック!

「派遣社員として働くことにメリットはあるの?」「デメリットがあるとしたらどんなこと?」など、派遣社員として働くにあたり、メリット・デメリットが気になるという方は多いものです。
そこで、今回は派遣社員のメリット・デメリットについて詳しく解説します。

派遣社員のメリット

まずは、派遣社員のメリットについて解説していきます。

自由な働き方を実現しやすい

派遣社員のメリットとして、まず挙げられるのが「自由な働き方を実現しやすい」というものです。
働く時間帯や働く曜日、勤務地、給料など希望に沿った仕事を派遣会社がピックアップしてくれるため、自由な働き方が実現しやすいといえます。
また、仮に希望条件に合った仕事がなくても、希望条件に近い仕事を紹介してもらえることも多いです。

スキルアップにつながる

スキルアップにつながるのは、派遣会社のメリットの一つです。
あらゆる仕事を経験できることから、自身のスキルアップにつながります。業界について知るのはもちろんのこと、あらゆる企業で働くことで柔軟な対応力を培うこともできるでしょう。
いずれ正社員として働くための準備として、派遣社員を選択する人もいるようです。

トラブルは派遣会社に相談できる

万が一、仕事先とトラブルになったら派遣会社に相談することができます。
仕事先に直接交渉する必要がなく、派遣会社が仲介して解決してもらえるのです。直接交渉することに不安を感じる方や、トラブルの対処が面倒な方でも安心です。

未経験でも働ける仕事がある

未経験でも働ける仕事が多い、というのは派遣社員の大きなメリットです。
「事務員として働いてみたいけれど、経験がないから採用されない」と不安を感じてしまう人は多いです。しかし、派遣社員であれば未経験でも採用してもらえることが多く、そのうえ研修や教育も充実しています。
安心してお仕事をスタートできるため、未経験でも働きやすいといえるでしょう。

日払い、週払いが選べることも

給料の支払いが「日払い」「週払い」などから選べることもあります。
これらの支払いに対応している派遣会社であれば、急な出費にも備えやすく、いざというときに安心です。

派遣社員のデメリット

派遣社員のデメリットには何が挙げられるのでしょうか。

正社員と待遇に違いがある

派遣社員のデメリットであるのが「待遇面」です。
正社員と比較すると、待遇に違いがあります。例えば、「ボーナスはなし」「交通費の支給なし」「各種手当はなし」など、派遣社員はやや不利であるのが事実です。

派遣期間に制限がある

派遣社員の場合、正社員のように終身雇用ではなく「契約期間」の中で仕事をします。この契約期間には制限が設けられていて、上限を超えて契約を継続することができません。
そのため、契約期間が満了になった場合は、次の仕事を探したり、派遣会社に交渉して再契約してもらう必要があります。
また、仮に再度同じ仕事先で働けるようになっても、期間は3年が上限となっているため、3年以降は別の仕事先で働くことになります。

派遣社員のメリットは魅力的!

派遣社員にはメリット・デメリットがありますが、魅力的なメリットが目立ちます。
実際、正社員ではなく「あえて派遣社員を選ぶ」という人もいるほどで、とくに働き方の自由度や日払い・週払い制度に魅力を感じる人が多いようです。
現在、派遣社員として働くことを検討中の方は、ぜひメリット・デメリットを理解したうえで判断してみてください。

もっと見る

2019年8月19日

派遣社員に有給ってあるの?取得方法やルールについて

「派遣社員に有給ってあるの?」「有給が取れるとしたら、どうやって取るの?」など、派遣社員における有給について疑問を抱えている方は多いのでは?
有給といえば、正社員が取得できるイメージがありますが、派遣社員の場合はどうなのでしょうか?
今回は派遣社員の有給について解説します。

派遣社員でも有給は取れる!

実は、派遣社員でも有給を取ることは可能です。
労働基準法でも「派遣社員の有給」が定められているため、派遣会社に申し出れば正社員同様に有給を取得して休暇を満喫することができます。
しかし、必ずしも「申請者全員が有給を取れる」というわけではありません。有給を取得するためには、「正しい取得方法」と「取得ルール」について把握しておくことが大切です。
具体的な取得方法とルールについては次項を見ていきましょう。

派遣社員の有給取得ルール

派遣社員が有給を取得するためには「6か月以上同じ派遣会社を通じて働いていること」が条件となります。
そして、6か月のうち8割以上勤務した場合に限り、有給を取得できる資格が与えられます。
そのため、派遣会社を転々としていたり、短期間で派遣会社を辞めてしまうと、有給を取得することができませんし、欠勤が多い場合は有給を取得するための資格がありません。
体調管理は徹底し、しっかりと長く勤務していることが大切です。

派遣社員の有給取得方法

派遣社員の有給取得方法は大きく2ステップです。

派遣先の上司に申告

まずは、派遣先の上司に「有給を取りたい」といった要旨を申し出ましょう。
有給を取得したい日程と日数を正確に伝えてください。上司からOKをもらったら、有給中の仕事内容のことや、現時点で抱えている仕事のことをきちんと共有し、必要に応じて職場の同僚にも有給を取得したことを話しておきましょう。
あなたの有給中に仕事が滞り、職場が混乱してしまうのを防ぐことができます。

派遣会社にも申告

有給の取得は、派遣先の上司だけではなく派遣元である「派遣会社」にも申告しなければなりません。
基本的に派遣先は「職場」であり、直接の契約先は「派遣会社」です。きちんと派遣会社にも有給取得の要旨を伝えておかないと、トラブルに陥ってしまう可能性があるため注意しましょう。
また、派遣先が派遣元に「あなたが有給を取得した」という事実を連絡することもありません。自分の口でしっかりと派遣元に伝えてください。

派遣社員の有給取得のマナー

派遣社員に限らず、有給を取得するうえでマナーがあります。それが「自分が有給中に働く同僚への配慮」です。
中途半端な仕事があるにも関わらず、それを放置して有給を利用するのは職場の人に迷惑をかけてしまうもの。完了していない仕事は同僚にも共有しておき、必要に応じて進めてもらうなど、適切な対応を心がけましょう。

派遣社員でも有給を利用しよう

今回は派遣社員による「有給」について解説しました。
派遣社員が有給を取得できる事実はあまり知られていませんが、実際は正社員同様に有給制度があるため、積極的に利用することをおすすめします。ただし、有給を取得する場合は上述した通り、マナーを守ったうえで取得することが大切です。
派遣社員として働いている方や、これから派遣社員として働くことを検討中の方は、ぜひ本ページの内容を覚えておきましょう。
有給を利用してリフレッシュしたり、休暇を楽しむなどして有益な時間を過ごしてください。

もっと見る

2019年7月29日

派遣の登録会はスーツが好ましい?服装のポイントについて

「派遣の登録会はスーツじゃなきゃだめ?」「派遣の登録会って何を着ていけばいいの?」など、派遣の登録会での服装に悩みを抱えている方はいらっしゃいませんか?

派遣の登録会の服装はスーツが好ましい?

派遣の登録会は、必ずしもスーツでなければいけないといったマナーはありません。
もちろん、スーツで登録会に参加することで「やる気」「誠実さ」などがアピールできますが、スーツ着用でなくても、問題ないというのが結論です。
また、スーツ着用者と、スーツ以外の着用者で紹介する仕事が異なる、といったことも無く公平に仕事が紹介されます。
とはいえ、最低限のマナーはあるため、詳しい服装については次を参考にしてみましょう。

派遣の登録会でふさわしい服装とは

派遣の登録会でふさわしい服装とは、どのようなものなのでしょうか。

オフィスカジュアル

まず、派遣の登録会で無難な服装といえるのが「オフィスカジュアル」です。
スーツ程かっちりとした服装ではないものの、だらしなさのない「きっちり感」が特徴。動きやすさ、個性、程よいオシャレなどを楽しむことができ、多くの企業が推奨している服装でもあります。
派遣登録会でも、好印象を与えることができるので、オフィスカジュアルは最もおすすめできる服装といえます。

清潔感のある服装

清潔感のある服装は、派遣の登録会で重要なポイントです。
「しわが目立つシャツ」「ヨレヨレのカーディガン」「毛玉の目立つパンツ」などは、オフィスカジュアルなコーデであっても台無し。お手入れが行き届いていない服装を選ぶと、担当者が「本当にこの人に仕事を紹介して大丈夫だろうか…」と不安に感じてしまいます。
服装は、その人となりをイメージされてしまうポイントです。誠実さをアピールするためにも、コーディネートでは「清潔感」を重視したうえで、服装選びを行いましょう。

アクセサリーは控えめに

オシャレには欠かせないアクセサリー。派遣の登録会にも身に付けていきたいと考える方は多いのではないでしょうか。
アクセサリー自体は、派遣の登録会での採用に影響することはありませんが、「アクセサリーの身につけすぎ」は、担当者に不信感を与えてしまうことがあります。
ジャラジャラとたくさんのチェーンが連なっていたり、ゴテゴテの指輪を全ての指にはめていたりなどは、控えた方が良いでしょう。
派遣の登録会でアクセサリーを身に着ける場合は、ワンポイントとして1~2点ほどが好ましいといえます。

派遣の登録会はメイク・髪型にも注意

派遣の登録会では、服装だけではなく「メイク」「髪型」にも十分注意しなければなりません。
例えば、メイクの場合は「がっつりメイク」を控えることがおすすめ。ギャルのような派手なメイクは、派遣の登録会という場ではふさわしくないのが事実です。
また、男性の場合は「長い髪」に注意しなければなりません。伸ばしっぱなしのようなだらしない長髪は、不潔な印象を与えてしまいます。必要に応じてヘアゴムで結ぶなどして対処しましょう。

派遣の登録会はふさわしい服装で

今回ご紹介したとおり、派遣の登録会は必ずしもスーツである必要はありません。
オフィスカジュアルや、清潔感のある服装を心掛けたうえで、自分らしいコーディネートを楽しんでみましょう。
これから、派遣の登録会に参加する予定がある方は、ぜひ本ページを参考にしながら、ふさわしい服装で参加してみてください。

もっと見る

2019年7月29日

派遣会社の登録は複数でもOK?メリットと注意点についても解説

複数の派遣会社に登録することは可能?

結論からいうと、複数の派遣会社に登録することは可能です。
そもそも、派遣会社には「複数登録の規制」や「かけもちの規制」といったルールが設けられていません。
複数の派遣会社に登録し、スケジュールを見ながらそれぞれの派遣会社で働くことができるのです。そのため、「仕事が無い」「仕事を紹介されない」といった万が一の事態にも備えることができます。

複数の派遣会社に登録するメリット

複数の派遣会社に登録するメリットは次の通りです。

希望の職種に就きやすい

複数の派遣会社に登録するメリットとして、まず挙げられるのが「希望の職種に就きやすい」というものです。
一社だけでは、希望の職種が既に埋まっていたり、そもそもそういった案件が入ってこないことが少なくありません。しかし、複数の派遣会社に希望の職種を伝えておけば、いずれかの派遣会社がヒットする可能性があります。
希望の職種に就くためのチャンスを広げるためにも、複数の派遣会社に登録することはおすすめです。

空白期間を短縮できる

スタートしたお仕事の契約期間が終了後、次の仕事を紹介されるまで時間が空いてしまうことがあります。この空白期間は無収入となるため、なるべくスピーディーに次の仕事に進みたいところ。
そんなとき、複数の派遣会社に登録していれば、どれかの派遣会社に仕事を紹介してもらいやすくなります。
登録する派遣会社の数が多ければ多いほど、空白期間を短縮しやすくなるでしょう。

条件を比較したうえで仕事を受けられる

複数の派遣会社から、似たお仕事を紹介された場合、それぞれの条件を比較したうえで引き受けるかを決めることができます。
例えば「給料」「勤務時間」「職場環境」「仕事内容」など、人それぞれこだわりたい部分は異なるもの。複数のお仕事を比較することで、自身に最適な仕事に就くことができます。

複数の派遣会社に登録する注意点

複数の派遣会社に登録する場合、いくつか注意点があります。

スケジュール管理は丁寧に

スケジュール管理は丁寧に行いましょう。
複数の派遣会社に登録し、同時進行でかけもちする場合、「シフトのかぶり」が発生することがあります。
うっかり、同じ日時の仕事を2つ以上引き受けてしまった場合、いずれかを断らなければならず、派遣会社にも仕事先にも迷惑をかけることになってしまいます。
また、仮にお仕事をする日時がかぶっていなくても、「体力面」を考慮してスケジュール管理を行う必要があります。
睡眠時間を削って仕事をする、といった無理な働き方は、いずれ体調を崩す原因になってしまうもの。結果的に、お仕事を休むことになってしまうため、注意が必要です。

かけもちによる情報の混乱に注意

複数の派遣会社をかけもちしている場合、それぞれの情報の混乱に注意してください。
例えば、給料の振り込み日や契約内容などは派遣会社によって異なります。こういった情報が曖昧になってしまうと「あれ?今月はA社の振り込み日のはずなのに…」などとトラブルになってしまう可能性があるのです。
複数の派遣会社に登録し、かけもちする場合はそれぞれの派遣会社の情報をメモするなどして、明確にしておきましょう。

派遣会社で自分らしく働こう

今回ご紹介した通り、複数の派遣会社への登録は可能です!
メリットも多いため、ぜひ複数の派遣会社への登録をおすすめします。ただし、その場合は注意点もよく理解したうえで登録することが大切です。
ぜひ、今回のページを参考にしながら、自分らしい働き方を実現してみませんか?

もっと見る

2019年6月28日

派遣登録会とは?具体的な流れについて詳しく解説

あなたは「派遣の登録会って何?」といった疑問を抱えていらっしゃいませんか?
派遣バイトとして働くには、まずは派遣会社に登録する必要がありますが、このときに参加するのが「派遣登録会」です。
しかし、派遣登録会の参加が初めての方の場合、参加に不安があるのが事実。そこで、本ページでは派遣登録会の流れについて詳しくご紹介します。

派遣登録会とは

派遣登録会とは、冒頭でも触れた通り派遣バイトとして働くために必要な「登録」を行う場所です。
派遣会社に登録しておくことで、希望の仕事を紹介して貰えたり、現場との仲介として相談を受けてくれたりします。
「登録」といっても、基本的には派遣会社のスタッフと会話を重ねて、「希望の職種」「希望の収入額」「個人情報の確認」などを行うだけですので、難しい手続きなどは一切ありません。

派遣登録会で必要なもの

派遣登録会ではいくつか持参が必要なものがあります。スムーズに登録手続きを済ませるためにも、以下の「必要なもの」について把握しておきましょう。

身分証明書

派遣登録会は、個人情報の確認として「身分証明書」の提示が求められます。過去に登録したことはないか、過去にトラブルを起こしたことはないか、などを確認するため、免許証や保険証、住民基本台帳カードなどを提出しなければなりません。
忘れてしまうと、派遣登録が行えないため注意してください。

印鑑

派遣登録での書類には、捺印が必要な書類があります。サインでも認められていることがありますが、一般的な派遣会社の場合は「印鑑」での捺印がほとんど。このときシャチハタなどは不可となっていることがあるため注意が必要です。
また、押印部分が欠けていたり、割れていたりすると書類不備となってしまうことが考えられるため、派遣登録会に参加する前に印鑑の押印部分をチェックしておきましょう。

預金通帳(キャッシュカードでも可)

登録する派遣会社から給料を振り込んでもらうために、銀行情報を提示する必要があります。そのためには「預金通帳」もしくは「キャッシュカード」を派遣会社に提示する必要があるのです。
普段利用している金融機関の通帳でも問題ありませんが、派遣会社によっては特定の金融機関を推奨している場合もあります。この場合、推奨している金融機関への振り込みは手数料が0円、といったメリットがあるため、登録予定の派遣会社が推奨している金融機関は無いか、確認しておきましょう。

派遣登録会の流れ

ここからは、派遣登録会の流れについてご紹介します。

登録会参加の予約

まずは、派遣登録会に参加するために「予約」を行います。電話、もしくは派遣会社のホームページフォームから予約を行ってください。

派遣会社による仕事関連の説明

派遣会社から仕事に関する説明を受けます。
仕事を紹介するまでの仕組みや流れ、派遣先のことなどの説明はきちんと聞いておきましょう。

スタッフとの面談

「コーディ―ネーター」と呼ばれる派遣会社のスタッフと面談し、経歴や職歴、希望の職種や収入などを話します。また、疑問がある場合はコーディネーターとの面談できちんと質問し、解消しておきましょう。
専門的な仕事を希望する場合は、スキルチェックが行われることもあるため、テストの受講が必要なケースも頭に入れておいてください。

派遣登録会はお気軽に!

今回は派遣登録会の流れについて解説しました。
派遣登録会への参加が初めての方にとっては「派遣登録会ってなんだか難しそう」「参加のハードルが高そう」といったイメージがあります。しかし、実際は簡単な手続きと話し合いで済んでしまうことが多く、派遣会社のスタッフも気さくな方ばかり。初めてでも緊張せずに登録を済ませることができます。
現在、派遣バイトとして働くことを検討している方は、さっそく派遣登録会の予約をしてみてはいかがでしょうか。

もっと見る
軽作業求人サイトランキング

お役立ちコラムはこちら

バイトで稼ぐなら日雇いがおすすめ!気軽に働ける&高収入のお仕事特集

「稼げるバイトがしたい!」「空いた時間を有効活用できるようなバイトないかな」など、せっかくバイトするなら、収入をアップできるようなお仕事をしたいですよね!

しかし、中には長期的に継続して働くのは難しい…という方や、単発でサクッと稼ぎたい!という方がいるのも事実。そんな方でも効率よく稼げるのが「日雇い」なのです。

そこで、今回はバイトで稼ぎたい方に向けて、日雇いのお仕事を詳しくご紹介します。

日雇いとは

日雇いとは、1日限りで雇用契約を結ぶ働き方を指します。

一般的なバイトの場合は、数か月や数年継続して働くことを前提に雇用契約を結びますが、日雇いの場合は1日限りですので、気軽に予定のない日に働けるのが魅力です。

なお、「日雇い」は場合によっては「1ヶ月未満の雇用契約」を指す場合もありますので、働き始める前にバイト先に「雇用期間」を確認しておくことをおすすめします。

日雇いで稼げる仕事と仕事内容

日雇いで稼げるバイトの多くは「軽作業系」のお仕事です。

重労働ではありませんし、特別なスキルも不要な場合がほとんどですので、日雇いバイトを始めるために勉強や準備を進めておく必要はありません。

日雇いで稼げる具体的な仕事と、仕事内容について詳しく見ていきましょう!

治験

日雇いで稼げる仕事として、まず挙げられるのが「治験」です。

治験とは、医療機器や医薬品などの臨床試験のことです。法律上、医療機器や医薬品は臨床試験を得てからでないと製造を進めることができません。

しかし、臨床試験とはいえ特別な資格は必要ないですし、試験の最中に危険な事態に陥るケースはなく、体質や体調などをチェックしながら、安心して治験に望めます。

治験は1日あたり数万円以上に及ぶこともありますので、「日雇いで稼ぎたい!」という方にピッタリのバイトといえるでしょう!

警備員

警備員は、日雇いで稼げるバイトの一つです。

一口に警備員といっても、施設内や道路、駐車場など、働く場所は様々ですが、それぞれ収入に大差ありません。

警備員は、主に「指定された場所の見回りや点検」「交通整備」などの仕事内容です。

仕事内容は比較的シンプルで覚えやすく、資格も不要ですので、日雇いで働きやすい職種です。

ちなみに、警備員の給料は1日あたり1万円以上と高額な場合が多いので、「1日で稼ぎたい」という方におすすめできます。

アルバイト・求人情報サービスan提供「超バイト」

大手求人情報サービスが提供する「超バイト」は、日雇いかつ超稼げるお仕事です。

超バイトは、資格が不要であることはもちろんのこと、スキマ時間で自分の経験やスキルを活かした働き方ができるのが特徴で、日給で換算すると2万円以上に及ぶこともあります。

自分ができる仕事をチョイスして働けるので、初めてでも緊張することなくスムーズに働き始められるでしょう!

「日雇いでバイトしたいけれど、経験のない仕事は不安…」という方は、超バイトに掲載されている求人をチェックしてみてはいかがでしょうか。

日雇いバイトでたっぷり稼ごう

今回は、日雇いで稼げるバイトについてご紹介しました。

日雇いは、毎日忙しく過ごしている方や、空いた時間に働きたいと考えている方にとって、最適な働き方といえます。

現在「バイトで稼ぎたい!」と考えている方は、日雇いをうまく活用しながらどんどん稼いでくださいね。

> 続きを読む

バイトの種類について|フリーターにおすすめのバイト10選も公開

一口に「バイト」といっても様々な種類がありますし、収入や働き方も大きく異なります。

バイトを検討している身としては、「あまりキツくない仕事がいい」「なるべく稼げる仕事がいい」というのが本音なのではないでしょうか。

そこで、今回はバイトの種類や、フリーターにおすすめのバイトをご紹介します。自分に合ったバイトを選ぶためにも、本ページの内容をチェックしてみてくださいね!

バイトなら自由なシフトで簡単に稼げる!

バイトなら自由なシフトで簡単に稼ぐことができます。

近年はあらゆる業種が人手不足に陥っていることから、求人を見てみると条件の良いバイトが多いものです。例えば、「高収入」「シフトは自由に決められる」「充実した待遇」など、これまでのバイトでは考えられなかったような好条件が並んでいるのです!

自由に時間を使いつつ、簡単に稼ぎたい!と考えているのであれば、フリーターとしてバイトで稼ぐことをおすすめします。

バイトの種類とおススメの仕事

バイトには様々な種類がありますので、「どれを選んだら良いのか分からない」と悩んでしまう方も多いでしょう。

ここからは、主なバイトの種類と、おすすめの仕事について詳しくご紹介します。

アンケートモニター

アンケート会社による質問に答えて報酬をゲットします。一つの質問につき、数円~数十円と安価な場合が多いものの、たくさんの質問に回答していくことで1時間あたりの報酬はぐっと高額になります。

Uber Eats

飲食店の料理をお客さんのもとへデリバリーするお仕事です。本業の帰りや、空いた時間を活用して配達を行いますので、掛け持ちしたい方にもおすすめ。やればやるだけ収入になるので、ガッツリ稼ぎたい方でも満足できるでしょう。

食品モニター

自宅に宅配される食品を実際に食べて調査会社に感想を送ったり、お客さんとして飲食店に来店して、お店の雰囲気や料理についてチェックするバイトです。案件によって給料は異なりますが、時給換算で数百円~1,000円以上になることがほとんどです。

文字起こし

録音テープやファイルを受け取り、録音されている会話の内容を文字に起こすお仕事です。インタビューやセミナー、勉強会などのビジネスシーンの録音テープの文字起こしが多い傾向にあります。

試験監督

試験の際に、必要要旨(問題用紙や答案用紙)の配布・回収や、受験生の不正チェックを行います。入試や模試などで試験監督を募集していることが多いです。

治験

製造前の医療機器や医薬品の臨床試験を受けます。事前に健康状態をチェックしてから行いますので、治験とはいっても危険な事態に陥るリスクはありません。主に投薬と採血によるものが多く、通院・入院の2パターンの治験があります。

施設警備員

施設内を巡回して安全を守るお仕事です。営業時間中及び、閉店後の施設内を見回り、不審者や設備の不具合・不備などをチェックします。

リゾートバイト

レジャー施設でのバイトです。宿泊を伴うことが多いものの、冬シーズンはスキー場、夏シーズンは海やプールなどで働けます。バイト終了後はレジャー施設で遊べるので、楽しみながら働けるのが魅力です。

ネットカフェ

ネットカフェ利用者のために、接客や清掃、料理の提供などを行います。24時間営業のネットカフェが多いので、時間帯を気にせず働くことができ、Wワークにもおすすめです。

データ入力

企業が提供される情報をもとに、指定されたフォーマットにデータを入力していきます。数字や短文を入力することが多いものの、特別なスキルは不要です。エクセルやワードの基本的な使い方が分かれば、誰でもチャレンジできます。

バイトの種類を知って簡単&ラクに稼ごう

バイトの種類は豊富ですので、まずは「どんなお仕事があるのか」を理解したうえで、求人を探してみることがおすすめです!

自分に合った仕事なら、ストレスなく「簡単」かつ「ラク」にお金を稼げるでしょう。現在、フリーターとして働きたいと考えている方は、参考にしてみてくださいね。

> 続きを読む

バイトの面接でよく聞かれる質問・回答10選

バイトの面接では様々な質問をされますよね。緊張してしまうと「どう答えたら良いのか」と悩んでしまうものです。
そこで、本ページではバイトの面接でよく聞かれる質問と、ベストな回答についてご紹介します。印象アップ&採用チャンスアップのためにもチェックしましょう。

バイトの面接でありがちな質問&回答

さっそく、バイトの面接でよく聞かれる質問と、それぞれの回答についてご紹介していきます。
しっかりと答えるためにも、参考にしてみてください。

これまでの経験

これまでにどのような経験をしてきたかを質問されることが多いです。
特に「過去のバイト歴」「過去のバイトでやっていたこと」などは、採用側が気になるポイント。
これまでの経験はなるべく具体的に話し、採用側にしっかりとアピールしましょう。

応募の理由

「なぜこのバイトに応募したのか」は、ほぼ必ず聞かれる質問です。
当然ながら「なんとなく応募しました」「家から近かったので…」などの理由は良い印象を与えません。「この職業に興味があったから」「経験やスキルを活かせると思ったから」などと答えるのがベストです。

長所

応募者にはどのようないいところがあるのかは、バイトの面接でよく聞かれる質問です。
好まれやすいのは「コミュニケーション能力の高さ(人が好きなどもOK)」「真面目さ」などの回答ですので、上記を参考にしながら自分なりにアレンジしてみてください。

短所

自分の苦手なことや、性格面などの短所では、ネガティブする回答はNGです。「この短所なら差し支えない」と感じてもらえるような回答が好ましいでしょう。
例えば「他人を気遣いすぎて自分のことを後回しにしてしまう」「緊張しやすい」などであれば、深刻な短所と判断されにくいのでおすすめです。

どのように働きたいか

「どのように働きたいか」を質問されたら、「いろいろなことに挑戦したい」「なるべくお客様と関わりたい」など、意欲を感じるような回答が好ましいです。
特に、仕事内容が幅広いバイトの場合は、積極性を見せると高印象でしょう。

可能な出勤日

バイトの面接では「どれくらいシフトに入れるか」を聞かれます。
可能であれば週の半分以上は出勤できることをアピールしてください。週に1回などの回数では、「あまり戦力にならないな」と判断されてしまう場合がありますので注意しましょう。

前のバイトを辞めた理由

過去にバイトしたことがある場合、「なぜ前のバイトをやめたのか」を聞かれる可能性が高いです。
バイトを辞めた理由はなるべく正直に答える必要がありますが、悪印象を与えるような理由であればやんわりと触れる程度に説明しましょう。
例えば、単純に仕事がイヤになって辞めた場合、「仕事内容が自分に合わなかった」といった表現で回答することをおすすめします。

苦手なこと

「苦手なことは何ですか?」といった質問をされた場合は、応募するバイトの仕事内容に影響を及ぼさないような回答をしましょう。
例えば、接客業のバイトをする場合は「工場勤務のような単純作業が苦手」などのように、印象を悪くしないような工夫が大切です。

得意なこと

バイトの面接では、「得意なこと」を聞かれることがほとんどです。
上記の質問をされた場合は、応募したバイトの仕事内容に合わせた回答が良いでしょう。
仮に接客業を希望するのであれば「初対面の人とも仲良く話せます」「相手の気持ちを汲み取るのが得意」などがおすすめです。

所有している資格

バイトであればそこまで重視されるものではありませんが、「資格」について聞かれることがあります。
所有している資格があれば問題ありませんが、何の資格も持っていない場合は「今資格取得に向けて勉強中です」といった回答例があります。とはいえ、資格必須のバイトではない場合は、そこまで気にする必要はありません。

面接前に質問・回答を想定しておきましょう

今回はバイトの面接でよく聞かれる質問と回答例についてご紹介しました。
バイトの採用は、面接時の回答で大きく左右するといっても過言ではありません。
面接前にしっかりと準備し、定番の質問はスムーズに回答できるようにしましょう!

> 続きを読む
お役立ちコラムもっとみる
軽作業求人サイトランキング

おすすめ求人サイト

口コミ投稿はこちらから!