メニュー 閉じる

おすすめ求人サイト一覧

Site List

求人サイトランキング

Ranking

お役立ち!軽作業求人コラム

Column

軽作業の求人に応募する際に必要なことをレクチャーします。

「軽作業の仕事に応募したい!」と思っている人も多いと思います。ここでは、軽作業の求人に応募する前に知っておいてほしいことをお伝えします。

軽作業の求人に応募する際の注意点

1.電話をするときはマナーを忘れずに

軽作業の求人に応募する前に、仕事内容や雰囲気についてもっと知りたいと職場に電話をかける人がいます。電話をすること自体はマナー違反ではありませんが、電話をかける際は「自らきちんと名乗る」「何の媒体を見て連絡してきたのかを言う」「相手が今電話できる状況か確認する」など最低限のマナーは守りましょう。たとえあなたの条件を満たしている職場だったとしても、電話のマナーが悪かった時点で「この人とは働きたくないな」と思われてしまう可能性も。好印象を残すためにも、元気な声でハキハキと話しましょう。

2.メールを送る際もマナーに要注意!

電話するほどの用件ではないからメールを送ろう。これもメールの送信自体は悪いことではありませんが、マナーを守っていないと悪い印象を植え付けてしまいます。例えば、「メール本文に宛名がない」「用件が書かれていない」「ケータイから連絡する(採用担当者はパソコンを使っているケースが多い)」「誤字脱字だらけ」など最低限のマナーを抑えていないと「この人は採用したくない」と思われてしまいます。担当者に好印象を与えるためにも、たとえ学生であってもビジネスマナーを学んだうえでメールを送るようにしましょう。

3.面接のときは身だしなみに気をつける

書類選考を通過して面接となったとき。たとえ学生であっても、面接会場には清潔な格好で行きましょう。女性の場合、極端に露出の高い格好はNG。特に工場などで働く求人では、「この人ちゃんと仕事してくれるかな」と思われてしまいます。ほかにも派手な色や柄の服装などもやめといたほうがいいです。たとえ「服装自由」の職場であっても最低限の節度は保ちましょう。

4.面接ではコミュニケーションを大切に

「接客などコミュニケーションは苦手だから」といって軽作業の求人に応募する人も多いです。それ自体はかまいませんが、面接やその前の電話やメールの段階などでは相手とのコミュニケーションを大切にしましょう。饒舌になる必要はありませんが、「相手の目を見て話す」「聞かれた質問にはきちんと答える」「履歴書の内容と異なることは言わない」など最低限にマナーは守らなくてはなりません。採用担当者は大勢の人に会うため、人を見る目があります。「話すのが苦手なのだな」というのは悟られてもかまいませんが、「きちんとうちの会社で働こうとしているのだな」という前向きさを態度で見せなくてはいけません。

軽作業の求人に応募する際もマナーを大切に

軽作業の求人に応募する際に大切なことは分かりましたか?
たとえ簡単作業や一時的なお勤めであったとしても、仕事は仕事。給料を受け取るからにはしっかり果たさなくてはなりません。誰でも比較的簡単に始められる軽作業といえども、最低限のルールやマナーを守れない人は働けません。そのような印象を採用担当者に与えないためにも、上記の内容を確認したうえで、応募するようにしましょう。

軽作業求人サイトランキング

お役立ちコラムはこちら

バイトするなら日払い&手渡しがいい!おすすめの仕事や注意点について

「せっかくバイトするなら給料は手渡しが良い!」「日払いしてくれるところでバイトしたい」というのが本音ではないで […]

> 続きを読む

バイトしたい人必見!日払い・単発でおすすめの仕事3選

予定のない日にサクッと稼げたらいいな…と考えている方はいませんか?学校や本業があると、頻繁にバイトするのは難し […]

> 続きを読む
バイトのレア求人をご紹介!

バイトのレア求人をご紹介!ちょっと変わったバイト職種10選

バイトを探しているけれど、「普通の仕事は物足りない」と感じている人いませんか? レジ打ちや品出しなどの普通のバ […]

> 続きを読む
お役立ちコラムもっとみる
軽作業求人サイトランキング

おすすめ求人サイト

口コミ投稿はこちらから!