メニュー 閉じる

おすすめ求人サイト一覧

Site List

求人サイトランキング

Ranking

お役立ち!軽作業求人コラム

Column

夜勤の軽作業バイトのメリット、デメリットを教えて!

昼間よりも夜勤で働きたい。そういった人もいると思います。
では軽作業の夜勤のメリット、デメリットとは?
軽作業の夜勤について紹介します。

夜勤の軽作業のメリット

1.深夜手当がつくなど高時給の案件が多い

一部例外を除いて、夜勤の場合、深夜手当だけでなく、すべての会社が25%割増賃金で従業員を雇うことを義務付けられています。時給1,250円以上など、高時給を求めるのであれば、夜勤がおすすめです。ただ割増賃金の時間帯や時給などは仕事によって異なるため、応募する前にチェックしておく必要があります。

2.昼間ほかのことができる

夜勤の軽作業の魅力の一つが、昼間の時間帯を別の事柄にあてられること。平日の昼間はお店、飲食店、レジャースポットなどの施設も割とすいています。専門学校に通ったりするのもいいでしょう。昼間からお酒を飲んだりするのも楽しいです。
また役所や病院なども平日の昼間はすいているので、待ち時間を少なくできます。

3.副業できる

昼にほかの仕事をすることで、ガッツリ稼ぐこともできます。たとえ正社員であっても、現在の給料に不満があるのであれば、夜勤で稼ぐのも一つの方法です。

夜勤の軽作業のデメリット

1.夜、友達と遊ぶことができない

友人が昼間に働いている場合、夜間飲みに行くことができません。人によっては、友達と時間が合わずストレスを感じることもあります。

2.食事に行けるところが少ない

お昼と違い、夜は飲食店も閉店しているところが多いです。栄養バランスを気にする人はお弁当を持参するなどしたほうがいいかもしれません。

3.夜型の生活になってしまう

生活リズムが夜型になってしまうことは避けられません。長時間夜勤を続けていると、寝る時間帯がおかしくなり、体調を崩してしまうこともあります。実際に「夜勤に切り替えてから、体が疲れやすくなった」という人は少なくありません。
夜一生懸命働いて疲れているはずなのに、昼間ぐっすり眠れないという人もいます。
そのため、夜勤は向き・不向きがあることを覚えておきましょう。

また人間にとってセロトニンを生成してくれる日光は大事なものです。セロトニンはうつの防止効果もあります。
休みの日でも昼間は外出する、疲れた日はしっかり休息をとるなどして、体調管理には十分気を付けましょう。

よくある夜勤の軽作業の仕事

1.生産管理

組み立て、検査やシール貼りなど製品の生産に関わる仕事の中には夜勤の軽作業が多いです。集中力が問われる仕事なので、体力などに自信がある人が向いています。

2.製造

ライン作業の一員として、食品などの製造に関わります。一人がミスするとみんなに迷惑がかかるため責任感の問われる仕事です。

3.警備

オフィスビルなどの警備員も夜勤がよくある軽作業の仕事に分類されます。いざというときに迅速に動けるよう休憩時間がたくさんとれるのも警備の仕事の特徴です。

高い時給で働きたいなら夜勤がおすすめ!体調管理には気を付けて

以上、夜勤の軽作業の仕事のメリット・デメリットでした。
夜勤の軽作業には「高時給で働ける」「昼間すいているときにレジャー施設や病院に行ける」などのメリットがあるものの、昼間働いている友達とスケジュールが合いづらくなったり、体調を崩しやすかったりなどデメリットもあります。
メリットとデメリットの双方を比較したうえで、自分に合った働き方を選ぶようにしてくださいね。

軽作業求人サイトランキング

お役立ちコラムはこちら

バイトするなら日払い&手渡しがいい!おすすめの仕事や注意点について

「せっかくバイトするなら給料は手渡しが良い!」「日払いしてくれるところでバイトしたい」というのが本音ではないで […]

> 続きを読む

バイトしたい人必見!日払い・単発でおすすめの仕事3選

予定のない日にサクッと稼げたらいいな…と考えている方はいませんか?学校や本業があると、頻繁にバイトするのは難し […]

> 続きを読む
バイトのレア求人をご紹介!

バイトのレア求人をご紹介!ちょっと変わったバイト職種10選

バイトを探しているけれど、「普通の仕事は物足りない」と感じている人いませんか? レジ打ちや品出しなどの普通のバ […]

> 続きを読む
お役立ちコラムもっとみる
軽作業求人サイトランキング

おすすめ求人サイト

口コミ投稿はこちらから!