メニュー 閉じる

おすすめ求人サイト一覧

Site List

求人サイトランキング

Ranking

お役立ち!軽作業求人コラム

Column

派遣社員の3年ルールとは?概要やメリット・デメリットについて

「派遣社員の3年ルールってなに?」「3年ルールにはどんなメリットがあるの?」など、派遣社員の3年ルールについて疑問を抱えていませんか?
派遣社員として働くにあたり、様々なルールがありますが、中でも「3年ルール」は正しく把握しておかなければならない項目です。
そこで、今回は派遣社員の3年ルールについて詳しくご紹介します。

派遣社員の3年ルールとは

派遣社員の3年ルールとは、「派遣社員として働く期間の最長期間」を定めたものです。
同じ仕事先で働く場合は、最大3年間を限度として決められているので、3年が経過したら別の仕事先で働くか、今まで働いていた仕事先の正社員や契約社員などになるか、といった選択を検討しなければなりません。

派遣社員の3年ルールが適用されないケース

「派遣社員の3年ルール」は、働き手の状況などによって適用されないケースがあります。

・無期雇用の派遣労働者の場合
・高齢(60歳以上)の派遣労働者の場合

上記2つのいずれかに該当する場合は、派遣社員の3年ルールが適用されません。
派遣社員は必ずしも「有期雇用」ではなく、契約内容によっては「無期雇用」を選択することもできます。仮に無期雇用を選んだ場合は、3年ルールに縛られることなく、仕事先との合意の上で3年以上働くことができます。
また、派遣労働者の年齢が60歳以上の場合も、3年ルールは適用されません。環境や仕事内容を変更することなく、働き続けることができます。

派遣社員の3年ルールのメリット

派遣社員の3年ルールのメリットとして挙げられるのが「別の雇用形態を検討してもらいやすい」というものです。
有期雇用契約で3年間働いた場合、仕事先が今後の継続を希望すれば正社員や契約社員など、派遣会社を挟まない直接雇用を実現しやすくなります。
また、仮に正社員や契約社員として採用してもらえなかったとしても、3年を目途に別の仕事先で働くことができます。「もしかしたら正社員にしてくれるかもしれない」「契約社員として働かせてもらえるかも」と、長年期待し続けることがなくなり、時間を無駄にしてしまうリスクを回避できます。

派遣社員の3年ルールのデメリット

派遣社員の3年ルールのデメリットは、やはり「3年までしか同じ仕事先で働けない」ということでしょう。
仕事環境が良かったり、人間関係に問題がないなど、魅力的な仕事先に派遣されていた場合、長く働きたいというのが正直なところでしょう。しかし、3年ルールが適用される派遣労働者の場合は、自分の都合で継続させることができません。
「一つの仕事先で長く勤めたい」という方にとって、派遣社員の3年ルールは、やや煩わしいものに感じるでしょう。

「無期雇用契約」「正社員や契約社員」へのチャンスを高める方法

今後も同じ場所で働き続けたい!という場合は、無期雇用契約や正社員・契約社員として働く必要があります。そのためには、仕事先で認められ、「これからもウチの会社で働いてほしい」と思ってもらわなければなりません。
積極的に「提案」「意見」を述べたり、多くの社員とコミュニケーションを取るようにしましょう。
仕事先での評価が高まり、無期雇用契約や、正社員・契約社員としての働き方を検討してもらいやすくなります。

派遣社員の3年ルールを正しく把握しよう

本ページでは、派遣社員の3年ルールについて、詳しくご紹介しました。
有期雇用の派遣社員にとって「3年ルール」は切っても切り離せないルールです。これから派遣社員として働くことを検討中の方や、現在派遣社員として働いている方は、今一度「3年ルール」について、正しい情報をチェックしましょう。

軽作業求人サイトランキング

お役立ちコラムはこちら

バイトするなら日払い&手渡しがいい!おすすめの仕事や注意点について

「せっかくバイトするなら給料は手渡しが良い!」「日払いしてくれるところでバイトしたい」というのが本音ではないで […]

> 続きを読む

バイトしたい人必見!日払い・単発でおすすめの仕事3選

予定のない日にサクッと稼げたらいいな…と考えている方はいませんか?学校や本業があると、頻繁にバイトするのは難し […]

> 続きを読む
バイトのレア求人をご紹介!

バイトのレア求人をご紹介!ちょっと変わったバイト職種10選

バイトを探しているけれど、「普通の仕事は物足りない」と感じている人いませんか? レジ打ちや品出しなどの普通のバ […]

> 続きを読む
お役立ちコラムもっとみる
軽作業求人サイトランキング

おすすめ求人サイト

口コミ投稿はこちらから!